[Amazon] Echo Plus、Echo Spot、Fire TV 4K/HDR

山下氏の記事(9/28)が、三つ出た。

Google Home日本発売は10月上旬!Amazon Echo、Apple HomePodなどスマートスピーカー続々登場! | Qeticのようなニュースが出始めているので、いよいよ、日本でも試せる日が近づいている。

やはり、音声認識においてむずかしいのは日本語対応というよりは、日本人対応かも知れない。日本人の英語が聴き取れない可能性はあるのではないだろうか? Apple TVでSiriには僕の英語ではなかなか伝わらない。日本人英語を学習してほしいなと思う^^;) 僕は洋楽専門だしね。Apple Musicでアーティスト名を認識させるのに一苦労。Echoが出たら、Amazon Musicと比較したい。

[Amazon] Alexa国内展開、Echo事前申し込み招待制販売

アマゾン、Alexaを年内に国内展開。Echoは事前申し込み招待制で販売 - Engadget 日本版ネタ。

いよいよ始まりそうだけど・・・

[Apple] ARヘッドセットの可能性は当面なし - 現実解: ARKitでiPhone上に実用的なAR生態系が出来上がる

アップルのクックCEO:高品質なARヘッドセットに必要な技術はまだ「存在しない」 - CNET Japanネタ。Apple's Tim Cook on iPhones, augmented reality, and how he plans to change your world | The Independentが元ネタで、ここからAR関係の部分をうまく抽出して説明している。

当面は記事のタイトル通り、ARヘッドセットの可能性はないという判断。実際のところ、iPhoneでできるレベルの作業をメガネ的なデバイス(iGlass)で実現することさえむずかしいだろう。iPhoneと同じことができるだけでは意味がないし・・・ARヘッドセットのデザインは、ディスプレイを置き換えるものになるのだろうが、見えるものと相互作用するためには、手で連携操作するデバイスと組み合わせることになりそうだ。どう考えても、一筋縄ではいかない話になる。

ARKitは、アップルの「ARKit」で作ったアプリが続々登場--広がる期待と現状 - CNET Japanから進み、「iOS 11」ですぐに試せる、「ARKit」対応おすすめアプリ23選 - CNET Japanを見れば、どのあたりに到達しているかがわかる。お勧めでないものまで紹介しているのがおもしろい。

Appleのスマートホーム戦略--HomePodを入り口に - CNET Japanのスマートホーム関連の記事にしても、実用的・実践的なモノの見方が着実な方向性を生み出していることがわかる。

スティーブ・ジョブズが後継指名したというだけでなく、本記事の内容を含め、ジョブズ亡き後の様々な活躍を続けて見ていると、ティム・クック船長の方向感覚に間違いなしという感じがする。「この国に惹きつけられる」ティム・クックCEOが語ったAppleと日本のように日本重視感覚も受け継がれていて、うれしい。

とにかく、WWDC 2017の総括、最も重要な発表とは?--Appleニュース一気読み - CNET Japanを参照して、もう一度復習しておこう・・・

[拡張現実] ARKit

ARの時代は来ているかもしれない。アップルの「ARKit」で作ったアプリが続々登場--広がる期待と現状 - CNET Japanなどを参照。

少し調べよう。

ここはハードウェアを押さえているAppleが先行するのかもしれない。iOS11が動作するAppleデバイスが何か必要ということかな。

[拡張現実] ARがある未来

拡張現実は「当たり前」の技術になる──「ARがある未来」を理解するための5本のストーリー|WIRED.jpネタ。

ARがOSに組み込まれると、コンピュータは凄い力を発揮するようになる。これもカメラとグラフィツクス・ボードなどのハードウェアと画像認識のソフトウェアが進化・深化していることによる。コンピュータが視覚を獲得したということだ。生物が視覚を獲得したカンブリア紀のような機械生命の爆発的進化が起こり得る。

眼の誕生 カンブリア紀大進化の謎を解く

../眼の誕生 カンブリア紀大進化の謎を解く

アンドリュー・パーカー著「眼の誕生 カンブリア紀大進化の謎を解く」(草思社、2006年)

進化生物学 (2006/05/22)。


現時点考えていることが、急速に無意味になる可能性がある。よく考えないと・・・それと組み合わせると何ができるか。

[クラシック] 萩原麻未ピアノリサイタル(エリザベト音楽大学セシリアホール)

昨晩、またもやエリザベト音楽大学に出掛けた。いつもの駐車場も一台しか空きスペースがなかった。先日、ザビエルホールに行ったときは、がら空きだったのに。おそらく「萩原麻未」効果だったのだろう。帰りに精算機で清算に手間取っているご婦人に、お釣りは下の方から出ますよとお教えする。「ありがとうございます。初めてなものですから」と。意外とお釣りの出口はわかりにくい。

今回は、広島ホームテレビ主催、エリザベト音楽大学共催。本格的なピアノリサイタルは、萩原麻未さん、ジュネーブ国際音楽コンクール・ピアノ部門優勝 (2010/11/19)の前に安芸区民文化センターで聴いて感動して以来。萩原麻未プレコンサートとフォーレ (2014/06/14)もリサイタルに近いものだったが。最近では、堤剛&萩原麻未 デュオ・リサイタル|ハクジュホールがNHKのクラシック倶楽部で放送されたのを聴いたのが印象に残っている。

ショパンのノクターン1番、2番にはじまって、ショパン=リストの「6つのポーランドの歌」、リスト「愛の夢 第3番」、リストの「パガニーニによる大練習曲」、休憩を挟んで、台信遼の「秋霖抄」とシューマンの「謝肉祭 Op.9」。アンコールはショパン「子犬のワルツ」、ドビッシー「月の光」。エリザベート音楽大学は午後9時に閉館するのがルールなのでと申し訳なさそうに断りを入れながら、最後の「月の光」を演奏。アンコールの両曲とも十八番の曲だが、走り過ぎず、丁寧な印象を受けた。

台信遼氏は東京から駆けつけられて、舞台で挨拶された。「秋霖抄」は小品だが、リサイタル当日の秋雨を話題にさせた、静かな、新感覚で印象的、雨の降る空間を感じさせる素晴らしい曲。現代に新しい音楽が生まれつつあるのかもしれない。パンフレットの解説には「楽譜の上段と下段で調号が異なる特殊な記譜法が用いられており、全体としての響きの均衡を保ちながら、色合いの異なるふたつの旋法(モード)が同時に進行していきます。」とある。パリ国立高等音楽院時代からの知り合いだそうだ。

圧巻はリスト「パガニーニによる大練習曲 第3番 ラ・カンパネラ」。思わず、みんなが拍手すると、立ってお辞儀。

「ラ・カンパネラ」に象徴されるが、本来の特徴である美しい繊細な表現力に力強さが加わった感じで、強靭で揺るぎない音楽を聞かせてもらった。見ているだけで、ピアノを自由自在に使いこなしていると感じる。天才に加えて、凄い練習量なのだろうと思う。

萩原麻未ピアノリサイタル 2017-10-06 エリザベト音楽大学セシリアホール

../萩原麻未ピアノリサイタル 2017-10-06 エリザベート音楽大学セシリアホール

今朝は、ずっとApple Musicで昨晩と同じ曲を探して聴き続けている。「ラ・カンパネラ」の鐘をうまく表現するのは難しい。クラシックの世界はまだまだ知らないことだらけ。いや、クラシックだけでもないか、世界は広い・・・


これから、どんな音楽の世界を作っていかれるのか。大変楽しみだ。

[日記] 八丁堀、丸善・ジュンク堂書店にて

夕方から、エリザベト音楽大学ザビエルホールのピティナのピアノ・ステップに向かう。近くのいつもの駐車場に車を停める。聴くべきものを聴いたあと、抜け出して、八丁堀の丸善・ジュンク堂書店で本を調べる。

Inkscapeの本は一冊だけあったが、本を読むだけではなかなかわからない。とにかくトライ・アンド・エラーの世界のようなものだ。いろいろ操作を試して、結果を見るしか、方法はない。まずはパスの使い方に習熟する必要がある。重なったパスを統合する操作がレーザーカッター用のデータでは重要になる。交点の部分がどうなるのか、もうちょっと調べてみる必要があるけど。面のデータと輪郭(パス、イラレではアウトラインかな)のデータも区別できることが必要だ。輪郭は切断、面は彫刻に関わる。

プログラミング言語関係の書棚をチェック。最近は、Pythonの本が本当に多くなった。人工知能・機械学習の隆盛の影響だ。次に多いのがRuby。かなりある。Perl本は本当に少ない。一つの棚の一列が埋まる程度。僕の書棚の方がたくさんあるぐらいだ。Perl6の本はまだない。日本は数年遅れの動きになるだろう。外国でまず評価が高まらないと日本には入ってこない。その頃には、PCもマルチコアというだけでなくメニーコアというのがポピュラーになっているかもしれない。最近では100を超えるコアを持つPCも出てきているが、調べてみると、それはさすがにコアが多いだけでなくマルチプロセッサのマシンだった。おそらく個人用としては高価すぎるだろう。

プログラミングの棚がこれからはさらに拡張され、他の分野に浸透していくのかもしれない。そんな気がした。

文学や哲学の方の棚に移動すると、壁際に白川静先生の関係が並んでいて、「回思九十年」だったと思うが、その横に、「文字講話」のIからIVが並んでいた。「孔子伝」もあったかもしれない。少し読んでいると、文字の表記の話が出てきて、川端康成は単行本には旧字体・旧仮名遣いを使うように要請し、文庫本については新字体・新仮名遣いを止む負えず認めていたという話題のある対談があった。その後、芸術的にも良い字は手紙文に現れるということを白川先生は言われていた。もちろん手書き(筆書き)の話。漢字そのものに意味がある。刻印された、あるいは書かれた文字にも変遷がある。手紙は紙に書かれた。他に何か重要なことを言われていたように思うのだが・・・また、読もう。

最早、文字はPCのフォントで表現するのが当たり前の時代となり、手書きは消えつつある。今はあらゆる字体が選択でき、当用漢字という言葉はいつのまにか死語になり、昔の漢字でも中国の漢字でも多少の手間はあるが使えるようになってきた。これは、Unicodeのお蔭かな。素晴らしいことだ。世界の文字がコンピュータ上には引き出せる。しかし、それでも新しい文字は生まれないかもしれない。新しい文字を作ろうと考える人はいるのだろうか。あるものを探して使うだけ。流行語は新しくできるけど、これは言葉のレベル、漢字の文字のレベルではない。これでいいのかなと思ったが、当然ながら、いまさら、それほど問題にしようと思っても、関心は持てたとしてもどうしようもないかもと思った。987夜『漢字の世界』白川静|松岡正剛の千夜千冊あたりで、もう一度復習かも。

最後はお決まりのコース。SF。英米SF賞史上最多7冠受賞作『叛逆航路』は新たなるフェミニズムSFの潮流なのか? - メモリの藻屑、記憶領域のゴミ。やはり、七冠に惹かれて、立ち読みをはじめたが、ちょっと読んだぐらいでは良さがわかるというわけでもない。が、よさそうな感触があるところまではなんとか行きついた。三部作ということだけど、まあ置いておいた。グレッグ・イーガンが溜まっているし・・・

丸善・ジュンク堂書店規模になると、書店自体が世界の成り立ちや社会・世相を表現することになる。時折、歩き回ってみるのも価値がある。ちゃんと本を購入してと言われそうだが・・・

更新: 2017-10-02T18:39:19+09:00

[Google] Pixel 2

PCで使い始めた無線(27MHz)USBマウスの調子がどこかおかしい。クリックが効かないことが頻繁に出てきた。気になるのはマウスの電池ボックスの蓋が少し浮き気味なこと。二本の電池が重なって格納されており、元々収まりが悪い感じがある。浮きを押さえると問題がなくなる。いやー、モノとシステムの関係は微妙なもの。もっと安定した製品に代えたほうがよいのだが、とにかく使えなくなるまで付き合うのが僕の方法。山下洋一氏のマイナビの記事(9/15)にGoogle、スマートフォン新製品を10月4日に発表、Pixel 2登場か | マイナビニュースがあったのを残しておこう。もうすぐ発表がある。

PixelはGoogleスマートフォンの上級ブランド。下にNEXUSがある。昨年のPixel/Pixel XLは649ドルからだった。Google Pixel/Pixel XLのスペック比較と特徴を徹底解説。価格・日本発売日も。を参照。NEXUSの価格はNexus 5X / 6Pは価格が高い!安く買うにはMNP一括0円に限る! - The Goalに詳しい。

Andy RubinのEssentialも出たばかりだが、699ドル、今のところオーダーは米国とカナダだけ。Essential Products | My Phone is Essentialの「Essential Phone Dock」はまだ製品化されていない。Magnetic connectorを使った充電用のデバイスとしての説明がある。バッテリーの容量は3040mAhと大きいし、「Fast charging via USB」とスペックには書いてあるので、充電用だけに使うのはもったいないと思うのだが。Ambient OSの展開と共に要注目だろう。「Keep me posted」は頼んでおいた。

EVERYTHING YOU NEED TO KNOW ABOUT THE ESSENTIAL PHONE (PH-1) Essential is working on a charging dock, a 3.5mm audio accessory, and Android Oには、チャージング・ドッグだけでなく、High End Audioアクセサリの話もある。

iPhone4は4万円程度だったから、今のiPhoneでは2-3倍の価格高騰。性能もアップしているわけだが、価値判断をどうすべきかという話になっている。Rebuildでは毎日使うデバイスならそれぐらいの投資はあり得るという話にまとめていたが。確かに、それぐらい高性能なら、大型ディスプレイやキーボードをつなげばMacになるよということであれば納得かも知れない。そのかわり、Macは売れなくなる。

ゼロサムゲームはいやだといっても、経済が拡大しない中ではそれもむずかしい。ゼロサムゲームになっていく可能性が高い。考え方を変えていかねば大変だろう。

それにしても、性能のよいスマートフォンがほしいのは間違いない。さて、さて・・・10月4日が楽しみではある。

更新: 2017-10-01T21:08:29+09:00

[Google] 今年のPixelは・・・

シリコンバレー101 (726) 素晴らしい携帯を開発するだけでは埋まらないGoogle「Pixel」とiPhoneの差 | マイナビニュースネタ。

要は製品の供給力が重要というお話。なにごとも大変だ。リスクがつき纏うので簡単ではない。

Rebuildで、Essential Phoneは売れていないという話だったが、Essential Phone、キャリアからは5,000台しか売れていない?米調査会社BayStreetが発表 - Dream Seedのような記事がベースなのだろう。

既に機能的に成熟したデバイスで、最初は冒険はしにくいはず。無理もない気がする。次のステップが問題だろう。

さて、明日の深夜、10/5の午前1時から。Google、スマートフォン新製品を10月4日に発表、Pixel 2登場か | マイナビニュースを再掲しておこう。

[Google] Pixel 2など、Google新製品のまとめ

Pixel 2は日本では引き続き発売されないということで、残念というしかないかも。Google Homeは日本でも発売されるけど、さてさて・・・取りあえず、関係記事をまとめておこう。

一番、欲しいのは、AR。しかし、今のところ、Google Lensが動くPixel 2がないとどうしようもない。誰もがARを使えるようになればおもしろい世界になるだろう。

[Google] Google Lens

これもメモとして関連リンクを残しておこう。

画像認識で見たものを理解するということなのだが、見てほしいものを学習するメカニズムを是非搭載してほしい。

[言語] Erlangの記憶から

続けて、Erlang and Elixir San Francisco Bay Area 2017 Conferenceを見ていると、哲学的な話が多い。Perlの文化にマッチする。Keynoteの最後を飾るのがLarry Wallだが、最初のKeynoteはSarah Allen, Language Encodes Wisdom, Co-Creator Adobe After Effects/Shockwave Flash Video, Works at Google。この講演ももう少し詳しく見てみたいところ。講演タイトルが「言語は知恵を符号化する」って、かっこいい。

講演のスライドを何枚か撮影したのだけど、Joe Armstrong氏のErlang Worldviewの言葉を引用されたスライドがあったので、ここにリスト形式で引用しておこう。

  • Everything is a process.
  • Processes are strongly isolated.
  • Process creation and destruction is a lightweight operation.
  • Message passing is the only way for processes to interact.
  • Processes have unique names.
  • If you know the name of a process you can send it a message.
  • Processes share no resources.
  • Error handling is non-local.
  • Processes do what they are supposed to do or fail.
(Erlang Worldview, Joe Armstrong)

「プログラミングErlang」を購入したのが先か、ErlangがPerlのPOEモジュールと関係していると知ったのが先かもう定かではない。もう、どうでもよいことだが。講演者にアクター・モデルのCarl Hewittの名前を見つけて(Carl Hewitt, Creator of Actor Model, Concurrency and Strong Types for IoT)、本日記を調べると二つの記事が見つかった。

過去の記事を見ると、ErlangはActor Modelに基づいたプログラミング言語らしい。その根拠についての記憶はもうない。もう9年も前の話だ。僕の知らないところで、物語は延々と続いている。

Perl 6はPerl 5の中で生まれた様々なアイデア(モジュール)を本体にすべて取り込んでいる。POEもその一つだと思う。どこかでDamian Conwayが語っていたはずだ。

もう一人知っている講演者がいた。Dave Thomas, Transforming Programming, Pragmatic Programmer turned Publisher。Programming Rubyの作者だ。調べると、最近といっても昨年のことだが、Amazon | プログラミングElixir | Dave Thomas著, 笹田耕一訳, 鳥井 雪訳が出ている。翻訳の笹田耕一さんて、Rubyの開発者で著名な人。RebuildではThreadはkillしたいほうだと言われていたが、Elixirに興味あり。

Elixir (プログラミング言語) - Wikipediaという話なんだけど。Erlangの仮想環境上で動く言語。仮想環境と仮想マシンとどう違うのだろう。

昨日のErlang VM上にPerl 7を載せる話は、MoarVM上にElixir/Erlangを載せることができるかどうかということのような気もするが・・・

更新: 2017-10-05T22:38:52+09:00

[小説] カズオ・イシグロ、ノーベル文学賞受賞

昨年は、ボブ・ディランの受賞の話題で盛り上がって、かなりの記事を書いたが、・・・カテゴリはMusic(音楽)に分類されている。今日は、いくつか、考えるきっかけになりそうな記事を載せておこう。

本日記にはカズオ・イシグロ氏に主に言及した記事はないが、明日は大晦日、少し読書をしよう (2015/12/30)が最新。上のリストのWiredの記事が載っていた「ことばの未来」からの話題。

クーリエ・ジャポンの作家の「創作の秘密」はおもしろい。最近は、各所で、読み掛けた途中から有料になる記事が多くて、いつもがっくりきてしまうが、まあ仕方がない。読める範囲で止めてしまうが、今回の場合、めずらしくその範囲でも興味深い内容を含んでいる。

[人物] ユヴァル・ノア・ハラリ

ユヴァル・ノア・ハラリ氏のクーリエ・ジャポンの記事を結局、全部読んだ。特集:ハラリ教授が考える「AI革命後の世界」 | クーリエ・ジャポンなど。41歳、不惑過ぎとは思うもののまだ若い。それでも新しい世代の到来を感じさせるのも事実。

まだ、「サピエンス全史」(英訳: 2014)も読んでいない。実は内容が気に入らないと思ったから買わなかった。自分が期待・予想するものと大きく違う未来を描いている。次の「ホモ・デウス」(2016)の翻訳は2018年9月に出る予定。

大変な時代になったものだ。と、消化不良気味・・・まずは「サピエンス全史」を読んでみないと。西欧的な精神・知性はこういったところにあるのかと思う。

クーリエ・ジャポンの登録会員にならないのであれば、人類は“ホモデウス”に進化できるか - アゴラあたりが大いに参考になる記事だろう。

我らが世代が付いていけるのは、ロボットと仲良く共存するアイザック・アシモフ的世界ぐらいのアイデアであり、自己を生物学的に改造したり、サイボーグ化したりする世界はSFとしてはあったとしても、想像の世界の話であって、現実の話として積極的に受け入れるのには抵抗がある。パーソナル・ロボットの時代 (07/19/2014)ぐらいの話だとありがたい。今のところ、僕らはPCと仲良くやっている。ロボットとだって仲良くやれる。

更新: 2017-10-10T22:42:17+09:00

[ロボット] ロボットがある未来

「ARがある未来」の記事を書いて、日経を買いに出た。自動販売機から出てきた第一面に驚いた。「ソニー 家庭用ロボ来春に」の文字が躍っていた。

日本経済新聞 日曜版 2017年10月8日

../日本経済新聞 日曜版 2017年10月8日

驚いたのは、ARがある未来って、結局、ロボットにつながるねと思いながら、外に出たからだ。前にも「AIBOリバイバル」とどこかで書いたかもしれない。コンピュータが視覚も聴覚も獲得したとすると、必然の結果だ。

そのうち、ロボット犬を連れて散歩するのが流行するかもしれない。楽しみではある。心配なのは価格。AIBOも高価だった。PCより高価になるのは必然と言えば必然。そして、技術的にもバッテリー、電力供給の問題があるだろう。家庭内だけなら選択肢は多いが、外に連れて出るとなると大変。

[季節] 中秋の名月を見ながら - Erlang and Perl 6

30分の速歩。今日は中秋の名月。6日が満月だそうだが、雨だろう。

中秋の名月

../中秋の名月

少し欠けている。手持ち撮影。


今晩は、Facebookに流れてきたWelcome Inside the Head of Larry Wall | Erlang and Elixir San Francisco Bay Area 2017 Conferenceでラリー・ウォール(Larry Wall)の頭の中を覗こうとした。が、言葉に阻まれ、少しは聴き取れる部分が出てきたのだが、十分に覗けなかった。YouTubeで続けて、Joe Armstrong氏の講演を視聴した。スライドがわかりやすいので、おもしろかった。冗談だらけなのは、Larryに似ているのかも。

Joe Armstrong著「プログラミングErlang」(Ohmsha、2008年;原著: 2007年)を本棚の奥から引っ張り出して眺めている。まだ、眺めただけで、まじめに理解しようとしたわけではない。並行処理に特化したプログラミング言語。Joe Armstrong氏にとっては、元々、世界は並列に動いているというわけなので当然なことなのだが・・・Perl 6のデザインから学ぶことはあったのだろうか。Larryの紹介(About)ではPerl 6の再デザインを高く評価している。YouTubeのコメント欄にPerl 7はErlang VM上にあればいいなあと・・・

プログラミングErlang

../プログラミングErlang

Programming Perl 6を並べたいのだけど・・・


Joe Armstrong氏の講演の問題の中に、エントロピーを下げるというのがあったけど。日記を書くのはエントロピーを減少させているのか、増大させているのか、今一つよくわからない^^;)

[将棋] 王座戦第三局

感想戦が始まっている。帰宅してから、日本将棋連盟のノーティフィケーションで気付いて、ずっとAbemaTVを見ていた。羽生王座がギリギリの死闘の末、二連敗の後の初勝利。中村太地六段も最後まで素晴らしい戦いだったが、力尽きた。見応えがあった。

昨日、大記録を同時達成か? 羽生二冠が迎える大一番と過酷な対局スケジュール | Abema TIMESの記事を見て、羽生二冠の大変さを知った。このスケジュールの中で、竜王戦も挑戦権を得た。申し訳ないが、傍観者、ファンとしては大変な楽しみ。