[A.I.] Tesla AI Day 2022

今日は午前10時15分配信予定(開催時間帯は中国重視らしい!?というか、グローバルに考えている?)。既に(午前8時12分には)、4649人が待機中。どんどん増えている。今日はOptimusのプロトタイプが見れるらしい。ここが焦点。

今日は(960) Tesla AI Day 2022 - YouTube(960) 【テスラ製人型ロボット登場】テスラのAI DAY 2022を一緒に観よう - YouTube: 僕テスを同時視聴の予定。

僕テスが始まった。始まるね。米国時間で、午後5時から11時まで。一般へのライブ配信がどこまであるかは不明と。始まった。

ロボットは最初にあった。すぐには始まらないだろうと、イーロンの登場に対する観客の準備ができておらず、最初の盛り上がりに欠けた。コンセプトの姿よりもスマートさに欠ける姿に現実の厳しさを感じる。二足歩行は難しい。コンセプト対比、足が太くて、少しへっぴり腰だ。少し見せた踊りの動作も小さくゆっくりだ。ロボットの頭脳には、昨年の発表通り「Tesla SoC」を一つ胸腹部に搭載している。冷却用の大きなファンらしきものが二つ見える。通信はWiFiとLTE、Audio、「Security & Safety」が加わる。電力は2.3kWhのバッテリーパックを搭載している。座っているだけなら、100Wで動くので、23時間動作する。歩くのには500Wの電力が必要なので、4時間半程度動作するだろう。Carの四輪の代わりにアクチュエーターが動く。一番盛り上がったのはアクチュエータの強さのデモだろう。会場のその場で、アクチュエーター一つで、500kgのコンサートグランドピアノを持ち上げて見せた。手も人間の五本指と似た感じに仕上がっている。如雨露を掴んで植物に水をやる姿がビデオに映された。重量は73kg。名前は、Optimistかな。センサー類の技術的な話はなかったような気がしたけど。最初、体表面のカバーを取り外した状態で登場したのには驚いた。カバーのデザインは暗いところで見るとスマートに見えるように配色されている。

残りは、FSD(Beta)DOJO。DOJOのトレーニング・タイルは「Compute+I/O+Power+Cooling」の機能からなっており、現在、一日に一個の生産量だが、72台のGPUラックの性能がDOJOの4台のキャビネットで賄えるという。時間的には2時間15分程度のプレゼンで、その後、長々と質問に答えた。トータルでは3時間を越えたはずだ。

最も驚いたのは、少なくともワイヤレスで、本当にTesla Socだけで演算していること。初めて、テザー(tether)をつけずに動かしたらしい。途中でクラッシュして(したのかどうか?、単にプログラムが終了したのか、それ以上は間に合わなかったのか)動かなくなり、人手で運ばれ、イーロン・マスクのそばに立たされた。しかし、ちゃんと立っていたね。イーロンが寄っかかっても倒れなかった。素晴らしい。ここを指摘した記事は、イーロン・マスクがヒューマノイドロボット「Optimus」のプロトタイプを発表、約290万円未満での販売を目指す - GIGAZINEだけかな。ヒューマノイド・ロボットの大いなる一歩だったかもしれない。

更新: 2022-10-02T11:57:19+09:00

[Car] 人新世の「自動車」 - 日産エクストレイル、X-TRAILの第二世代e-Power

{人新世の「自動車」 - トヨタの新型クラウン、世界へ (08/24/2022)}←の続き。五味氏の新型クラウン・クロスオーバーの動画の中で、エクストレイルに言及があった。トヨタ クラウン クロスオーバー 【試乗レポート】快適さもスポーティさも両立する優等生モデル!! クラウンと考えると少し気になる点も…!? E-CarLife with 五味やすたか 203,484 回視聴 2022/09/29から日産 エクストレイル 【試乗レポート】運転が楽しくなるしっかり感!! 静かで快適なドライブが可能!! NISSAN X-TRAIL E-CarLife with 五味やすたか 220,035 回視聴 2022/09/12を見て、e-Powerについて考えた。要はPHEVのレンジエクステンダーのようにエンジンを発電だけに使うんだろうと、そして、調べた。

認識は間違っていないが、よく考えると、PHEVのようにプラグインではないから、電池の搭載量は少ないというか、発電エンジンの能力とトータルコストに合わせて最適化した量を搭載するはずだ。 日産:エクストレイル [ X-TRAIL ] SUV|走行・安全|e-POWER

もう一つのポイントは、乗り心地や運転のしやすさを考慮すると4WDになる(五味氏)ということ(追記: メルセデスベンツのEQSはリアモーターだけでもいいらしいが!? 電動と後輪駆動に価値があるというお話・・・例えば、【ついに公開】メルセデス・ベンツの完全電気自動車『EQS』から読み解く「世界の本気」 - EVsmartブログ)。フロントとリアにモーターが搭載される。おそらく、{09/25/2022: [EV] 人新世の「EV」 - MAZDA MX-30 PHEV(R-EV)とeGVC}←で調べた技術に類似した技術を搭載しているのだろう。日産:エクストレイル [ X-TRAIL ] SUV|走行・安全|e-4ORCE。過去の経緯から現状まで詳しくまとめてあるのが、日産・エクストレイル - Wikipedia

しかし、調べれば調べるだけ、新しい要素が出てくる。結局、どれがいいのってことになる・・・河口まなぶ氏の(1013) 【ライブ】最近の新型車を全部まとめて評価します! 日産エクストレイル、ホンダZR-V、トヨタ・クラウン、マツダCX-60 など話題のモデルの評価はいかに? - YouTubeを見て勉強するか!? 実は既に【4K】悩ましい!? マツダ CX-60 試乗【前編】 ラブカーズTV 河口まなぶ が試乗インプレッション! 果たしてまなぶはCX-60をどう感じたのか? 150,704 回視聴 2022/09/20【4K】走りの印象が激変!? マツダ 新型 CX-60 試乗インプレ後編 ラブカーズTV 河口まなぶ が走りの違いに 思わず戸惑う! 果たしてどちらが真実なのか? 56,483 回視聴 2022/09/30は見ている。

結論は(e-POWERを含めて)電動が良いということに尽きる。ハイブリッドも駆動エンジンを使う場合には難しいと・・・えーっ^^;)

僕はデザインと運転のしやすさ(視野・視界の広さ・見やすさとハンドリング)、燃費を含めたコストパフォーマンス(ハイブリッド前提)の三本柱で考えた。それでフィット・ハイブリッド(2016年4月から、Fit Hybrid DAA-GP5、LEB-H1)を選んだのだけど・・・もう古い話・・・純正のナビ(VXM-174VFi)を奢ったのだが、それほど感心しないままに来た。最近、SDカードを使って、FMエアチェックの音楽再生に使えるようにした(SDXC Iは使えない、IでないSDXCは使えるらしいけど、販売されていないみたいなので、SDHCで間に合わせた)ものの、あまり使いやすい方法とも思えない。ちょぅど、CarPlayなどが使えるようになる直前だったのだ。iPodはつながるので、iPhoneのApple Music再生は一応使える。今時ならコンピュータとの接続性は必須のテーマだろう。FMエアチェックをiPhoneから再生できるかもしれないけど、まだ試していない。今や車に乗るのは買いものがほとんどだし、音楽再生は歩きながらのほうが重要かも。

次のポイントはレンジエクステンダー(Range Extender)タイプPHEVの動向だろう。MX-30にせよ、CX-60にせよ、その他のメーカーのものにせよ。本記事は{MAZDA CX-60 国内発売 - 山崎明著「マツダがBMWを越える日」(講談社+α新書、2018年)のことなど (09/17/2022)}{人新世の「EV」 - MAZDA MX-30 PHEV(R-EV)とeGVC (09/25/2022)}←の記事の続きでもある。

更新: 2022-10-02T18:06:00+09:00

[Car] 人新世の「自動車」 - 「藤トモCHECK」をチェックする

自動車ジャーナリスト系YouTubeチャンネルがCX-60ネタで盛り上がっているので、他の自動車レビュー系チャンネルはどう見ているのか、調べた。結局、五味氏と河口氏のチャンネルがおもしろい(おもしろくないと見る気がしない)というか、リファレンスにしておけばよさそうだと思い始めたころ見つけたのが、「driver channel」の「藤トモCHECK」。【マツダ CX-60 試乗】雨中でも抜群の安定感?ボディの大きさは新開発シースルビューで解決!?【藤トモCHECK】 47,903 回視聴 2022/10/01【エクストレイル 公道試乗】2022年登場のクルマで最高の出来!?【藤トモCHECK】 97,640 回視聴 2022/09/12の両方を見た。

動画に手間が掛かっている。三人のうち一人が撮影。二人で喋って、運転も交代する。運転交代時には後部座席の乗り心地を「藤トモCHECK」をするという必然性もある。内容的にはメーカーの主張の確認のようなものになっている。わかりやすいし、悪く言うことはない。視聴者のコメントは二人で喋るのを評価していた。掛け合いがうまいからだろう。聴きやすい。これから伸びるのでは・・・

ドライバーWeb|クルマ好きの“知りたい”がここにに情報はまとまっている。興味深い。ドライバー公式サイト | 八重洲出版 公式サイトにある「ドライバー(driver)」という雑誌が中核らしい。一応、11月号はCX-60とエクストレイルが載っているので購入してみることに・・・

[Car] 人新世の「自動車」 - 情報の確度を求めて、さらに「Ride Now」を見る

さて、デスクトップのノーティフィケーションからもう一つ見つけた。ノーティフィケーションが出るということは以前見つけて注目していたのだが、忘れていたもの。今回のCX-60とエクストレイルに関する情報収集という問題意識・観点があるからこそ、チェックしようと思った。気を惹いたのは、CX-60とエクストレイルに乗りながらRXを交えた最新SUV 3台を比較!マツダ CX-60 × 日産 エクストレイル × レクサス RX 比較試乗トーク by 島下泰久 × 難波賢二 88,010 回視聴 2022/09/19に公開済みだった。CX-60とエクストレイルを描き分けたところに魅力を感じた。

公道初乗り! マツダ CX-60 XDハイブリッド Premium Modern 試乗レビュー by 島下泰久 68,839 回視聴 2022/09/03ワインディングロードでハンドリングを試す! マツダ CX-60 XDハイブリッド Premium Modern 試乗レビュー Part.2 by 島下泰久 46,161 回視聴 2022/09/04の見方は、五味氏に近いものだった。低速領域での硬さが指摘された。高速領域では問題はない。しかし、それは「走る歓び」を求めるかどうかが問題なのだということ。それがエクストレイルとの違いになって現れるというのが、最初に見た動画の結論だろう。初代アテンザ・ユーザーとしては、話の中にその名前が出てきたことは、なるほどと思った(マツダアテンザとは?歴代モデルから評判がいい6つの理由まで徹底解説|新車・中古車の【ネクステージ】2021年07月14日更新を参照)。アテンザの乗り味は凄かったと思う。人を乗せるとそのスムースな動きと安定性に驚いていた。アテンザとCX-5の名前が出た。その積み重ねの上にCX-60があるという。

リファレンスの一つになるだろう。再度、注目。

しかし、時代は変わる。詳細解説! テスラ モデルY RWD 試乗レビュー Part.1 14,918 回視聴 2022/09/02走りはどう? テスラ モデルY RWD 試乗レビュー 後編 by 島下泰久 11,051 回視聴 2022/09/05。特定の動画を見るだけでは本音はわからないのは当然だ。

島下泰久氏がカリフォルニアがテスラだらけになっているという話をされていたが、Tesla Is 2nd Highest Selling Auto Brand In California - CleanTechnica(テスラはカリフォルニア州で2番目に売れている自動車ブランドである)の記事(August 29, 2022)を見ておく必要がある。一番はトヨタだが、テスラとジェネシス(現代自動車の高級ブランド、例えば、ジェネシスGV80…内外装の優雅さはイギリス車顔負け!? ブランド初となるFRの高級ミドルラージSUV【これは欲しい! 日本で正規販売されていないクルマ】|Motor-Fan[モーターファン]を参照)以外のすべてのブランドが軒並みシェアを落している。記事にあるようにカリフォルニアは特殊ではある。先進的で裕福な州だ。カリフォルニア州で10.7%、全米ではシェア3.3%のテスラが、マス・マーケットに入ってくるのはいつになるだろうか。しばらくは掛かるだろう。{人新世の「自動車」 - 水素エンジン車!?、BYDの日本進出、Teslaの頭脳、依然として混沌の中で・・・ (08/24/2022)}←の思考をさらに深める必要がある。

更新: 2022-10-03T18:01:48+09:00

[図書館] 図書館駆動型読書論 XX 前田育男・仲森智博著「相克のイデア マツダよ、これからどこへ行く」(日経BP、2020年)

{MAZDA CX-60 国内発売 - 山崎明著「マツダがBMWを超える日」(講談社+α新書、2018年)のことなど (09/17/2022)}←の続き。ここには魂動デザインとソウルレッドのメインカラー、店舗デザインの話がブランドイメージと合わせて紹介されている。これを主導されたのが、前田育男氏である(「マツダがBMWを超える日 クールジャパンからプレミアムジャパン・ブランド戦略へ」、190ページ)。「BMWを超える日」も図書館で借りたのだが、それは「相克のイデア」を借りる切っ掛けとなった。

イデアとは「idea」の元。今の簡単な言葉で言えば、「考え方」。相克するということはぶつかり合うということだ。切磋琢磨するイデアということだろう。最も興味深かったのは、第2章「攻め」と「自己抑制」にあった好きな車は1960年代前後に出たジャガーEタイプ(掲載写真はライトウェイト)、アルファロメオ・ジュリアTZ2の二台で、今でも1960年代の車を超えられないという話。もう一つは、第3章のタイトル「80年代に私たちが失ったもの」という話。「BMWを超える日」の帯にある『「安くて良いもの」の呪縛を脱却すれば日本は必ず復活する!』という話に通ずる。マス・マーケットに向けたモノづくりで失われたものがあるということ。ここまでは仲森智博氏との対談になっている。

プレミアムカーに集中するという構想がうまくいくかどうか、真に正念場を迎えつつある。

プレミアムカーで2%のシェアを取れれば良いという話であれば、前の記事で紹介した米国の2022年第一半期の実績はマツダはカリフォルニア州、米国とも2.1%のシェアを示している(Tesla Is 2nd Highest Selling Auto Brand In California - CleanTechnica)。「相克のイデア」の悩みは解消したのだろうか。まだまだ相克のイデアの渦中にいるのだろう。言葉には出さないが、仲森智博氏のイデアが沸々と煮え滾っているはずだ。世界を変える志が必要だろう。BMWを超える日ではなく、Teslaを超える日が見たいわけだから・・・

更新: 2022-10-03T23:22:25+09:00