tsnetworkc3.png更新日記 - 日曜プログラマのひとりごと
更新日記インデックス | 更新日記URLインデックス | 更新日記画像インデックス
+ Subscribe to RSS1.0 | + Subscribe to Atom1.0

日記: Text World | 脳髄の日記 | 第四の日記 | jscripter's Twitter | Facebook | Myspace | Mastodon(記事抄録や関連メモ: コメントはこちらにどうぞ)

| 先月 | Monthly Index | Timeline | Mobile版 powered by iUI
12/8/2019 (Sun.)

音楽尽くし。映画音楽からポピュラーまで。法事に、生のバイオリンを目の前で聴けると、ご住職から案内されていたので、聴きに行った。

比治山多聞院本堂へ、いよいよ入場!

比治山多聞院本堂へ、いよいよ入場!

半月より太った月に照らされて。


本堂に張られたポスター

本堂に張られたポスター

| 古澤巌オフィシャルブログ。今は古澤巌×ベルリン・フィルハーモニー ヴィルトゥオージのクリスマスを売り出し中。略歴は、古澤巌 - Wikipedia


エンニオ・モリコーネの曲は映画音楽なので、完全な曲としての構成を持っていないが、なんとか、曲として形を作って演奏しているのは自分たちだとの自負を暗に披露したり、ロベルト・ディ・マリーノに曲を書いてもらっているとの話は、ヤマハ | ラテンにタンゴ、アラビック……気鋭の若手と組んだカルテットで、複雑なビートにも挑戦!/古澤巌インタビュー | Web音遊人(みゅーじん)にある。最後のアンコール、「竜神伝説」は作曲は得意ではないと謙遜されていたが、自信作なのではと思った。最後を飾った。

現代の音楽は多様化している。クラシック、ジャズ、ロックからポピュラーまで、音楽がどのように進化してきたのか、興味深い。中沢新一は「ミクロコスモス II - 耳のための、小さな革命 -」の文庫版まえがきに次のよう書いている。

いまの人類が使っている特別なタイプの言葉は、意味を重ねて象徴表現できる「喩」の能力をもっており、それは音楽と一緒に出現していたものである。・・・

バルトークは中・東欧の民族音楽を研究している。そんなところから紐解いてみるのもおもしろいかもしれない。ミクロコスモスはバルトークの152曲から成る練習曲集の名前でもある。それは「ミクロコスモス I - 夜の知恵 -」の「短い序曲」に書かれている。

更新: 2019-12-08T23:01:41+09:00

昨日、12月7日15:00開催。シンフォニア岩国まで車を走らせた。三原のポポロで一度聴いて、ハクジュホールの演奏をテレビとFMで聴いているので、デュオを聴くのは三度目。

2016年6月、ポポロの演奏メニュー、パンフレットより

ポポロの演奏メニュー、パンフレットより

前の記事にはリストを残していないので、曲目をテキストで残しておこう。ベートーヴェン:「マカベウスのユダ」の 主題による12の変奏曲ト長調、 フランク:チェロ・ソナタ(ヴァイオリン・ソナタ・イ長調の編曲版)、シューマン/リスト編曲:献呈<ピアノ・ソロ>、シューマン:アラベスクop.18<ピアノ・ソロ>、三善 晃:母と子のための音楽、R. シュトラウス:チェロ・ソナタ ヘ長調。


ハクジュホールの演奏の記録は、堤剛&萩原麻未 デュオ・リサイタル|ハクジュホールにある。ポポロの曲目のうち、ベートーヴェンが「ベートーヴェン:モーツァルトの「魔笛」の“娘か女か”の主題による12の変奏曲 ヘ長調 op.66」に入れ替わっている。もっともベートーヴェンは最初のCDには入っていない。

今回の曲目は次の通り。

前半はピアノの音が柔らかく滑らかで、チェロとピアノの紡ぎ出す心地よさの中を漂っていた。後半のラフマニノフのチェロ・ソナタは一転凄かったね。ピアノの名手だったラフマニノフの曲だけあって、ピアノは伴奏ではなく、対等の位置づけ。堤剛先生も麻未さんの迫力には圧倒されたことだろう。ダイナミックな演奏だった。

CD、プログラム、チケット

CD、プログラム、チケット

コンサート後、僕らも最新のCDを購入して、サインをもらう列に並んだ。CDを買うのは久しぶり。


会場となったシンフォニア岩国のコンサートホールは音が良く伸びて自然な音で聞こえる。コンサートホール|施設紹介|シンフォニア岩国 山口県民文化ホールいわくに。アンコール曲を「お知らせ」でキチンと知らせてくれている。堤剛×萩原麻未 デュオ・リサイタル アンコール曲目について | お知らせ | シンフォニア岩国 山口県民文化ホールいわくに。ヴォカリーズは、家内は最初の音でわかったみたいだけど。

音楽を聴きながら、やはりと思った。音楽の聴きとりも、人それぞれまったく聴こえ方が異なるのだろうと強く感じた。それはなぜかというと記憶との相互作用があるからで、記憶空間と知覚空間が相互作用して認知空間・存在空間が生まれるからだ。それぞれ別の、空間というよりは、時空が生まれるのだと思う。

更新: 2019-12-08T12:57:15+09:00

12月7日、今朝、アレクサが大雪を告げた。「たいせつ」と読む。二十四節気の第21、次が冬至。この前が、11月22日、小雪、「しょうせつ」だった。朝の車外気温表示は6〜7℃が当たり前になった。帰宅時も7〜8℃。室温も20℃を切るので、エアコンが23℃設定で稼働、ホットマット15Wも足元で稼働中。どうなんだろう。やはり暖冬かな。COP25(国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議)で、温暖化対策の強化を求める座り込みデモにグレタさんが参加との報道。

問題は混沌としている。対応策を地道に考えるしかない。しかし、CO2を出さないようにすることを考えると、様々な問題点が見えてくる。単にガソリン車の代わりにEVを作れば済むというものでもない。それだけで済むはずもない。COP25は問題点や課題を整理して、方向性を打ち出せているのだろうか。UN Climate Change Conference - December 2019 | UNFCCC

更新: 2019-12-08T09:01:24+09:00
12/5/2019 (Thu.)

黒い海上に遠く、船の明かりが鮮やかに見える。対向車線の遠く、廻ってくる車の明かりが連なっている。今日も第13回朝日杯将棋オープン戦二次予選、郷田九段対野月八段戦を終わりごろまで見て、九時過ぎに歩き始めた。ロッド・スチュアートで最も好きなアルバムをiPhoneにダウンロード。

Wireless Stereo Headphones MDR-NWBT10N

Wireless Stereo Headphones MDR-NWBT10N

8年前に購入して、少し使ったけど、当時はPCのUSB端子からの充電が面倒なのと、歩きながらではコードが衣服に接触する音が伝わって邪魔になるので使わなくなっていた。イヤフォンの耳への挿し方が問題だったかなと試してみると、浅く挿せば問題ない。充電もマイクロUSBケーブルを使ってUSB充電アダプタを使うことができた。


ノイズキャンセル・スイッチ

ノイズキャンセル・スイッチ

良く調べてなかったのだが、ON-OFFのスイッチがノイズキャンセルのスイッチだとは知らなかった。これ何のスイッチなんだろうと思っていたのだが。ヘッドフォンのスイッチではないし。最近、AirPods Proのノイズキャンセリングが話題になったので調べていて見つけた。スイッチONの表示の上のマークは「NC」のように見える。ノイズキャンセルの頭文字を組み合わせているのだと思う。


歩きながらでは音質もよくわからないような気もするが、こればかりはいろいろと聴き比べてみないとね。出かける前に一聴した限りでは、クリアで高域がはっきりしてメリハリがある。また、明日にでも聴き比べをしてみよう。LPとの比較も、MacBookからのAirPlayもある。

12/4/2019 (Wed.)

Alphabetのラリー・ペイジCEOが辞任 後任はGoogleのスンダー・ピチャイCEO - ITmedia NEWS

1998年創業。21年目。いろいろなことがあったね。

東大特任准教授が「行き過ぎた言動」を謝罪 原因は「AIの過学習によるもの」 - ITmedia NEWS09/16/2019: [A.I.] 十夜一冊 第千七百八十夜 大澤昇平著「AI救国論」の続き。

12/3/2019 (Tue.)

真っ黒な宮島を横目で見ながら帰ってきた。今日は藤井聡太七段の順位戦、相手は船江恒平六段。もう夕食休憩は過ぎている。

将棋を生放送で見る機会が増えた。もちろんAbema TV。将棋の難しさを感じる。羽生九段でも負ける。どうしようもなく。

藤井七段、読みに読んでいる。読めるとどこまでも読んでしまう。さて、そろそろナイト・ウォーキングに出掛けるか・・・

SPYRO GYRAのベースやギターが刻む軽快なリズムに乗って歩く。ペースがいつもより少し速い。30分弱で一周。3489歩。116歩/分。「The Rhienbeck Sessions」(ジャズ、2013年)の「Not Unlike That」、Sorbet、「I Know What you Mingus」の途中で帰ってきた。まだ藤井七段は指していない。と思ったら指した。

師走だけど、昨日も今日も将棋の順位戦を見ている。昨日はA級順位戦、羽生九段が糸谷八段に負けた。よく見かける女性の観戦記者が、読みに読んでいる羽生九段を食い入る様にじっと見つめながら、ノートに書きつけている。観戦記を書く材料になるのだろう。何を思って書いたのだろう。読んでみたいね。複製とは言え、同じ時空を共有したのだから。いくら読んでも勝てない道筋に迷い込んだのだ。

さて、残り時間は・・・藤井七段の勝利。

更新: 2019-12-04T21:31:50+09:00
12/2/2019 (Mon.)

アガサ・クリスティー ミス・マープル - Wikipedia

編み物をしながら、のどかな殺人事件の捜査。哲学的会話。ミス・マープルは村人の会話から世界を知る。

12/1/2019 (Sun.)

サンデーモーニング。SNSによって子供が犯罪被害に遭う。韓国も日本も年少者の自死が増えているという。電車内でスマホから顔を上げると、みんな並んでスマホを覗き込んでいる。家族で一緒に食事をしていても、それぞれがスマホを見ている。確かに便利にはなったが。人間て何だろう。現存在とは何かと思わせる。

「現代は」と言っても、おそらく、ここ数年、5年ぐらいのことだと思う。人間は膨大な情報に取り囲まれている。一人の人間が現存在という時空を生み出すのには多過ぎるぐらいの。

もっとも、スマホで何をしているのかと見ると、ゲームが結構多い。後多いのはデバイスをむやみやたらと操作して見せびらかしている場合もある。ある意味、「暇つぶし」である。SNSを見たり応答している場合も多いのだろうが。

実際的には、スマホはモバイル時だから見ているのであって、その他の時は、調べることが出てきた場合、手元にPCなどのデスクトップやノートブックがない場合に已むを得ず使う。しかし、子どもたちはPCを持っていないかもしれないが、スマホは既に旧石器時代のPCの性能を遙かに超えている。画面が小さいのが玉に瑕、そして、デスクトップの環境をすべて使えるわけではない。

結局、スマホに問題があるわけではない。スマホは便利な道具に過ぎない。問題は「孤独」にある。そして、孤独と退屈は背中合わせかもしれない。みんながスマホにのめり込むのは退屈だから。そこに人生の意味を求めようとする。LINEなどのSNS(Social Network System)に生ずる疎外・孤独の問題とは別問題かもしれないが、退屈がなければ、そもそもSNSなど不要かもしれない。

いやはや、もう単純なキーワードを基に記事を辿る暇はないということになってきた。検索で、OR検索は正規表現で簡単にできるが、AND検索には対応していない。もっとも、(A.*B|B.*A)を使えば、行単位でAND検索はできる。更新日記の場合はパラグラフ(段落)単位で可能だ。実際のところ、上記の検索結果を見ると、日記記事単位で両方の単語が存在している記事はないことがわかる。

もし退屈が増えているとしたら、意味をもたらすものとしての社会や文化に重大な欠陥があることを示している。この「意味」という言葉は、総体的にもっとも大切なものと理解してほしい。僕たちは総体的な意味(形は何であれ)で社会の一員になっている。総体的な意味がさまざまな部分に意味を与え、それが僕たちの人生をかたちづくっている。ここで言う総体的な意味については、これまで伝統的な他の言葉が示していた。それは「文化」である。現代の理論家の多くは、文化は消え、代わりに、たとえば「文明」に取って代わられたという結論を出している。要するに、もし退屈が増えているとしたら、理由はおそらく総体的な意味が離脱してしまったからだろう。総体的な意味と部分的な意味、つまり、文化とその文化から生まれるものが結びついているのは明らかで、僕たちは次のように自問することができる。物事はどの程度までまだ文化をもたらしてくれるのだろうか。ハイデッガーの同語反復法を借りれば、物事はまだ物事たりうるのだろうか。別の言い方をすると、物事は全体で文化として機能しているのだろうか。

(ラース・スヴェンセン著、鳥取絹子訳「退屈の小さな哲学」、集英社新書、2005年)

とすると、退屈ということは、日常に意味が見いだせないということを意味する。総じて、世界はそういう状況に陥っているということになる。「暇」を楽しんでこそ自分が磨かれる [國分功一郎] | ISSUES | WORKSIGHTには、『「暇ではないが退屈」という感覚が日本に蔓延している』と書かれているが、日本のことだけではないのかもしれない。

國分先生は、前記記事のタイトルから考えると、「暇」を作って楽しめと言っている。確かにそれは最も健康的な提案であろうと思われる。自分から忙しがっていても仕方がないということだろうね。意味を見つけるためには暇にならねばならぬ。

暇で孤独な時間こそ大事だと僕は思っています。アーレントも指摘しているように、「孤独」と「独りぼっち」は違います。英語でいうとソリチュードとロンリネスの違いですね。ロンリネスというのは寂しさや人恋しさを帯びた状態です。対して、音楽やバレエの世界で独奏・独演する人をソリストというように、ソリチュードという言葉は他にまみれない“確立した個”を含意している。孤独でいられる人というのは自分自身と対話できる人、すなわち内省できる人だというアーレントの指摘に僕は共感します。

(「暇」を楽しんでこそ自分が磨かれる [國分功一郎] | ISSUES | WORKSIGHT)

ようやく「孤独」が「暇」を介して「退屈」と結びついた。ハイデッガーにまで結び付けるにはもっと時間が必要かな。どんどん日記は長くなる。引用してもよいけど、「退屈の小さな哲学」の178〜179ページあたりを探るとよい。

國分功一郎著「暇と退屈の倫理学」増補新版(太田出版、2015年)にも言及しておこう。ハイデガーの「退屈の第二形式」について225ページから書いてある。これは奥が深くて難物だ。いろいろと考えさせられた。一見退屈していない状態でも、実は退屈している。「暇ではないが退屈」に分類されるのが、退屈の第二形式だが、単純ではない。ハイデッガー流の言い方に変えると「何かに際して退屈させられること」。

ちなみに「退屈の第一形式」は「何かによって退屈させられること」である。そして、暇があるのに退屈するのである。ただ、この「暇と退屈の類型」(239ページ)の説明は、列車を待つ時間の例えと共に、242ページの「自己喪失」、時間を失いたくないという脅迫観念に取り憑かれた「狂気」に他ならない、大いなる「俗物性」への転落であるとさえ言うのとは、ニュアンスが異なるように思う。退屈という言葉のニュアンスが違うのかな。日本語では「退屈」というと、何もすることがない、のんびりとした牧歌的な雰囲気を伴っていると思うが。「退屈」には「狂気」のニュアンスがある!? そして、「暇」ということは、余裕がある、時間があるというニュアンスで使う言葉だ。だから、日本語では「暇」と「退屈」はよく似合う。何かがないから「暇」なので、何かがあるなら暇ではない。

退屈の第三形式もある。「なんとなく退屈だ」。これ自体は事象としてはわからなくはない話だが・・・

スヴェンセンの「退屈の小さな哲学」に、のどかな余裕のある洒落た話を期待すると、だいぶ雰囲気が異なる。バラードの「クラッシュ」など、えーっと思う話題が延々と取り扱われる。前読んだ時も違和感が残った。やはり話が少し違う感じがしてきた。「退屈」という言葉、文字通り、「退いて屈する」、精神的に抑圧された状態を指すのだろう。ハイデッガーの「退屈論」は「形而上学の根本諸概念」の中で取り扱われている。「存在と時間」では「不安」が主題だったのだが、「退屈」に移行していく。

更新: 2019-12-01T21:45:09+09:00
| 先月 | Monthly Index | Timeline | Mobile版 powered by iUI
2001年版 | INDEX | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2002年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2003年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2004年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2005年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2006年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2007年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2008年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2009年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2010年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2011年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2012年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2013年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2014年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2015年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2016年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2017年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2018年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2019年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11

(C)jscripter