tsnetworkc3.png更新日記 - 日曜プログラマのひとりごと
更新日記インデックス | 更新日記URLインデックス | 更新日記画像インデックス
+ Subscribe to RSS1.0 | + Subscribe to Atom1.0

日記: Text World | 脳髄の日記 | 第四の日記 | jscripter's Twitter | Facebook | Myspace(記事抄録や関連メモ: コメントはこちらにどうぞ)

| 先月 | Monthly Index | Timeline | Mobile版 powered by iUI
8/11/2022 (Thu.)

昨日借りてきた本をピックアップ。一つは、山下洋輔・茂木健一郎共著「脳と即興性 不確実性をいかに楽しむか」(PHP新書、2011年){物語の研究 - 小説の書き方 (08/07/2022)}←から椎名誠著「新宿遊牧民」(講談社、2009年)。山下洋輔著「風雲ジャズ帖」(音楽之友社、昭和50(1975)年)の最初に置かれている山下洋輔宛ての手書きの手紙の文面の雰囲気に似ている。{村上春樹 presents 山下洋輔トリオ 再乱入ライブ (2022/07/12)}←の余韻は続いている。

二つ目の手塚治虫の「ブッダ」はもうどこだっかな。とにかく正剛先生の次の「ほんほん」の一項が気になっている。

末木文美士(すえき・ふみひこ)の本を片っ端から読んでいる。読んでいるだけでは足りなくて、三井寺で2年にわたって末木さんに話しをしてもらうことにした。「還生(げんしょう)の会」と名付けた。日本仏教とはどういうものかを語ってもらう。三井寺の福家長吏とともにぼくが聞き手になり、石山寺の鷲尾座主以下の参加者にコメントをしてもらう。東京でも開くつもりだ。近江ARSのメンバーは、全員が『日本仏教入門』(角川選書)を事前共読をした。ぼくはいま、本気で仏教を一から学びなおしたい。

(ほんほん52 書物こそ梁山泊である 2022年6月17日(金))

1802夜 『日本仏教入門』 末木文美士 - 松岡正剛の千夜千冊の末木文美士著「日本仏教入門」(角川選書、平成26(2014)年)も既に借りてきている。この千夜千冊は混沌としている。あらゆることにつながっている。手塚治虫から0306夜 『デジタル・ストーリーテリング』 ジャネット・マレー - 松岡正剛の千夜千冊の記事を読まねばならない。手塚治虫の「ブッダ」は千夜千冊のどこかの記事に出てくる。ブッダを知るための案内になるという記述がある。そう、1021夜 『インド古代史』 中村元 - 松岡正剛の千夜千冊にある。

「3月のライオン」は、やはり物語として読もうとしている。先崎学のコラムも読みたい。

自分の趣味の本ばかりを読んでいると、世界が広がらない。少しずつ、世界を拡げていく。昔から少しずつ意識して拡げてきた。ライトノベルに最初に手を出したのも本屋で山ほどある本を見ながら、みんな何を読んでいるのだろうと思ったからということもある。しかし、何を選ぶかということの必然性はあまりない。偶然こそが必要なのだ。微かなつながり、インスピレーションで選ぶか、誰か他の人に勧めてもらう。どんな本を読んでいますかと尋ねる。

更新: 2022-08-11T12:46:21+09:00
8/10/2022 (Wed.)

レーティング対局に戻るために、少し注力して有段100問クリアに達した。もちろん、取り組んだ問題すべてをクリアできたわけではない。クリアできなかった13題を将棋AIを使って復習を終えて完了とする予定。既に3題は検討済み。結局、昨日までに116題に取り組み、103題をクリアしたということになる。その記録を残す。

取り組んだ有段問題の出題日付のリストを残しておこう。実戦詰将棋の最初の出題日は2020年6月1日である。

解けなかったものの出題日付リスト。

to be continued...

更新: 2022-08-10T13:40:14+09:00
8/9/2022 (Tue.)

82手目まで互角。後手広瀬八段、7六歩が最善手、後手期待勝率55%、360億手(検討時間12分)。微妙な期待勝率の変化が続いている。

470億手(17分)で、7六歩の期待勝率が60%まで上がった。7六歩と指した。これに対して、最善手は同銀だったが、6六銀。ここらが分かれ目のようにも感じるが、まだまだ・・・

逆転に継ぐ逆転、最後、後手広瀬八段126手の勝利。人間の思考の極限に挑んだ一局だった。

更新: 2022-08-09T22:21:31+09:00
8/7/2022 (Sun.)

物を語るというのは「わかる」とはどういうことかに通ずる。わからないと物を語れないからだ。日記も物語として一つの記事を書くわけだが、さて、物を語れているだろうかと思うことがよくある。単に事実のメモとして書く場合もある。が、できれば、一つの物語としてまとめたいと考えている。

小説はどう書くのだろうか。これは昔から大変興味がある。しばらく「小説の書き方」について考えてみたい。

実はこれまでも何度も書きかけたが深まらなかった。「小説の方法」(1978年)という大江健三郎の「小説の書き方」に関する最も古い著作がずっと気になっていて、昨年だったか、とうとう手に入れた。小説の方法に関連した思索、{日記世界から (2006/06/03)}{小説の方法 - 1Q48 (2009/07/05)}{小説の書き方 - 小説を書かぬ人のための小説作法 (2014/11/14)}{プレ・ブックカフェ 11 - とりかえばや物語 (2017/06/02)}←よりももっと具体的に方法論に入っていってみよう。

「小説の方法」というキーワードはまだヒット数が少ない。「小説の書き方」というキーワードでヒットする記事が多いのでピックアップ。数年ごとに繰り返される主題。少しはレベルアップしないと。

今でも、大体考えていることは同じたけど、やはり経験が大切ということ、将棋と同じ、様々な局面を知らないと発想は湧いてこない。最近、山下洋輔・茂木健一郎共著「脳と即興性 不確実性をいかに楽しむか」(PHP新書、2011年)を読んでいると、自在にフリージャズを演奏するためにはボキャブラリーをたくさん持つことが重要と書いてあって、なるほどと思った。おそらくボキャブラリーが足りていない。ボキャブラリーを増やすためにはどうすればよいか・・・ボキャブラリーを修得するためには、結局、それはたくさん読み、たくさん書くことに尽きるわけだ。

更新: 2022-08-08T09:01:28+09:00
8/6/2022 (Sat.)

今朝は被爆関連番組をずっと見ている。ウクライナ戦争の行方もよく見えず、ロシアを原爆記念式典によばなかったらしい。被爆者からはそんなことをしないでと声が上がったそうだ。人間は太古の昔から戦争をしており、人間の歴史は戦争の歴史でもある。戦争のない社会・世界を求めて、理想主義を掲げて進むべきだろう。その中で、通常兵器はよくて、核兵器だけは禁止しようという話も実際のところ、変な話だ。段階的に核兵器からということだろうが。今の時代はノー・ウォーという時代を求めるべきだろう。

他に気になったのは被爆の惨状を表現する言葉が軽すぎるというか、表現力が足りない感じがすること。被爆を実際に体験していない世代が発する言葉だから仕方がないという感じもするが、被爆者の言葉の具体的な引用の形で表現してはと思った。被爆者の言葉を大切に残してほしい。

8/5/2022 (Fri.)

{07/06/2022: [日記] 本とコンピュータ、将棋、ジャズ}←の記事を書いて足りないのは、ビデオ・映画・ポッドキャストだと思い、付け加えようかと思ったが、長ったらしくなるので止めた。WEBというメディア・ネットワークとコンピュータが基盤にあって、その上に成立しているとも言えるのだけど。

ポッドキャストのbackspace.fmで知った人に、山崎潤一郎氏がおられる。{デジタル・オーディオの迷路の新しい道筋 (2021/07/14)}←AirPods Proの「バイノーラル」は未完成、アップルのVR/ARメガネを大胆予測 | 日経クロステック(xTECH)の記事は興味深い。Appleの空間オーディオはVR/ARグラスにつながるという話だ。それに近い予測は、ニュース記事の中に垣間見られたのだが、音楽制作の専門家による本格的な予測記事は初めてだろう。

しかし、何に応用するのかが問題だろう。それを早く見てみたいものだ。いや、聴いてみたいものだと言うべきか、おそらく視聴覚問題になるのだろう。どこかに、Apple TV+シアターができて、そこのビュアーになるのではないかという予測もあったが・・・やはりコンテンツの問題になる。想像がつかない。

今日は、Apple TV+の「Black Bird」の最終回だった。事実に基づくストーリーだが、迫真の演技だ。Apple TV+のテレビのシェアは2-3%に過ぎないらしい。最初に見たのは「テヘラン」{情報生産者になる 探索編 (2020/12/01)}{情報生産者になる 探索編 2 - 下調べ (2020/12/02)}←だが、シーズン2が最近終了した。スパイ映画だ。{THE MOSQUITO COAST (2021/06/01)}{リーシーの物語 (2021/06/06)}←切りがないほど見ているので、もう一つ上げるとすれば「シャイニングガール」が奇想天外でどの様な話になっていくのだろうと思わせる。凄い想像力だ。Elisabeth Moss - Wikipedia主演。映画「透明人間」(2020年)の主演で知った女優だけど、独特の魅力がある。次は「SEE」が戻ってくる。楽しみの一つ。

昨日だったか、見て感動したのが、「ムーンフォール」、Prime Videoの映画だが、最近の映画の描写の凄さは当然としても、物語自体が、想像を越えている。月が地球に落ちてくる。それが単なる破局の話ではなくなっていくところが素晴らしい。ローランド・エメリッヒ - Wikipediaの監督作品。

Prime Videoのシリーズものでは「OUTER RANGE - 領域外」も本日見終えた。これはまだSFとしてこなれ方が足りないような気はするが、どうなっていくんだろうと期待させたことは確かだ。{07/02/2022: [Video] Prime Video: ターミナル・リスト}←なども見ているし、ボッシュ: 受け継がれるもの - Wikipediaも引き続きよかった。スティーヴン・キングの「ミスター・メルセデス」、3シーズンもあった。Mr. Mercedes (TV series) - Wikipedia。見るに耐えないような表現満載でありながら、制作陣や俳優らの遊び心に助けられつつ、いったいこんなものよく作ったなあと感嘆しつつ、見終えた。シーズン3で終わるのが何か残念だと感じつつ。

Apple TV+だけでは分量が足りない。Prime Videoとセットで楽しむのが正解だろう。

(追記: 2020-08-08) Netflixの満足度が急降下 サブスク動画戦国時代の米国最新事情は?:ほぼ週刊インフォグラフィックス - ITmedia マーケティングによれば、SVODつまりサブスクリプション型の動画配信のApple TV+の顧客満足度は高まっている。

更新: 2022-08-08T17:26:46+09:00

ABEMAは解説付きでライブ中継。リンクはこちらを残しておこうか。第48期棋王戦挑決トーナメント ▲羽生善治九段 ? △佐藤康光九段 - ロックショウギ

最近は睡眠点数はばらついているが、70点台になることはなくなった。最高点は92点。明け方4時過ぎに新聞配達のバイクの音を聴き、5時にはカラスの不気味な鳴き声に夜明けが近いことを感じ取り、しばらく経つと雀の間延びした鳴き声を聴く。夜明けだ。蝉が鳴くのは7時ぐらいだ。蝉の合唱が遠くから次第に近くに迫ってくる。すべての事象が毎日繰り返されるわけではないが、この流れで毎日が始まる。

天候が不安定だ。午前中は激しく雨が降ったりしたが、昼からは止んで日が射している。東北や北陸、滋賀は水害。水害の地域が年々北上しているような気もする。何が起ころうと時の流れは止まらない。

今日も郵便を出しに郵便局まで歩いた。切手で「15+5」となっているものは5円寄附で、15円が切手として使える金額になる。札幌オリンピックの記念切手だった。なるほどそういうことなんだと、足りない金額5円を払った。封書50gまでは94円也。ようやく必要な処理が追いついた。最近は必ず普通でいいですかと聞かれる。普通でお願いします。届くのは、週明けになりますと言われるので。今時、それは当然そうだろうと思ったが、何時届きますかと聴くと、火曜日以降になります。火曜日に届きますかと聞くと、わからないですと。禅問答に近いと思ったので、そういうことになりますか、まあ、よろしくお願いしますと頼んで帰った。

さて、将棋は羽生九段と佐藤九段の対戦、羽生九段の往年のライバル、佐藤九段は日本将棋連盟会長職とA級棋士を兼務してがんばられている。昼食の代金を払うのにサイフがしばらく見つからないと思ったら、先崎学九段が現れて代わりに払おうとされた。微笑ましい場面だった。「うつ病九段」の一場面を思い出す。その前には上座の譲り合いで、佐藤九段は羽生九段を上座に座らせた。

今、56手目、佐藤九段、AI最善手、2五飛が指された。先手57手目、羽生九段、4四角成で期待勝率55%。

58手目、1八歩成、59手目3三歩成で先手期待勝率65%。分かれ道に到達という感じ。玉の固さの違いかもしれないが・・・羽生九段があっと叫んで頭を抱えたが、何を発見されたのか。膝を崩して、はあっと溜息をついて飲み物を飲む。

解説の田村康介七段が休憩前に考えていたことは忘れてしまうことも多いですかねと話される。実際、人間の記憶はあやふやになることが多い。短期記憶の領域に留まっていることは記憶の彼方に押しやられる可能性が大きいのだと思う。日記の中に記憶を結晶化させて留めても、それがあまりにも多過ぎると記憶として再生する時間がない。目に触れる偶然の中で覚束なく辿られる。それで論理(規則)が道標になるのかもしれない。

先手75手目、5二銀成、後手76手目、7二飛で先手期待勝率81%。6一銀の時、5二銀なら期待勝率91%だったのだけど。それでも、ここで、いい手がない。3七歩成。攻める。4五桂を単に取られたくないのかな。先手期待勝率96%。佐藤九段あきらめ気味のような気もする。

羽生九段、もう受けずに7一飛と銀を取った。

先手89手で羽生善治九段の勝利。

更新: 2022-08-05T18:49:13+09:00
8/4/2022 (Thu.)

ABEMAでライブ中継している。夜になって気付いて点けた。後手98手目、4七角成で期待勝率77%。先手豊島九段優勢だ。局面は人間が見ると互角に見えるかもしれない。7五香と変わって、78%。将棋AIの候補手、期待勝率も変動している。

もう日を跨ぐ。お風呂に入ってこよう。

105手目、4二飛成で先手期待勝率93%。ここまでくると、豊島九段の勝勢は明確な感じ。さて、PCは終了しようか。我がぴよ将棋の実戦詰将棋は有段問題100題クリアでレーティング対局へ復帰する予定。

(追記: 2022-08-05) 豊島九段の勝利。期待勝率90%台から70%台まで下がるも優勢は変わらず。しばらくスマホで観戦していたが、終了を待たず、寝てしまった。第81期A級順位戦 2回戦 ▲豊島将之九段 - △斎藤慎太郎八段 - ロックショウギ

更新: 2022-08-05T09:35:09+09:00

一日中、何かを調べている。認識を新たにすることも多い。少しずつ進歩する。それを足場にさらに調べる。切りがない世界だ。言葉は無限に連なっていく。そういう性質がある。言語ゲームは幾層にも重なって拡がっていく。幾重にも。今日も返信をもらって、さらに考える。自分で納得するところまでは考え続ける。

黒崎宏著「ウィトゲンシュタインから龍樹へ 私説「中論」」(哲学書房、2004年)を読み始めた。手に入れた時にどんな本かとパラパラ捲ったことはあるが、問題意識を持って読むのは初めてかもしれない。「中論」を位置付けるために大乗経典が三期に分けて作られたことが述べられている。60年から250年、250年から480年、7世紀初期にわたる。この中に「龍樹」(150-250年)の「中論」(〜200年)がある。仏典は何百年にもわたって生み出されている。その中に光るものが出てくる。まあ、そういうわけだ。何ごとも一朝一夕にはいかない。ひたすら取り組まねばならない。「ナーガルジュナ」は「龍樹」のこと。仏教を理解するためには「中論」を理解しなければならない。そういう位置づけだとされている。

更新: 2022-08-05T11:33:40+09:00

カルロ・ロヴェッリ著、冨永星訳「世界は「関係」でできている」(NHK出版、2021年)。予約者が13人も待っているので、仕方なく昨日返却してきた。最終返却期限だった。急いで、かなり読んだけど、まだ半分に満たない。もっと読みたいと思うぐらいおもしろい。もっと早く読み始めればよかった。原題は「Helgoland」。

Helgolandを廻るハイゼンベルクの物語は、Heligoland - Wikipediaにも書かれている。日本語のヘルゴラント島 - Wikipediaは他の言語に跳ぼうと思うとプルダウンメニューから選ぶ必要がある。言語選択のために必要な時間は無駄だ。ワンクリックで跳びたい。ハイゼンベルクのヘルゴラント島の書き出しは何の話だろうと最初思うわけだけど、ああこれは量子力学の本質と歴史がこれまで見たことのない形で描かれているとしばらくして気付く。そして、どこに辿り着くのか。

ロヴェッリ先生のことだから、「Helgoland」のタイトルは、ヘルゴラント (ブルックナー) - Wikipediaに掛けているのかもしれない。それはともかく・・・

意識や思考や意味とは何なのかについて、今のところ量子論から導き出すことはできないが、既に自然の中に存在していることは確かだ。説明できるはずだが、結論のない話をまとめようとしているということになる。

中にはデヴィツド・チャーマーズの議論や「ナーガルジュナ」の話が出てくる。もう少し詳しく、ゆっくり読みたい。

「ナーガルジュナ」については{人工知能をつくる (2016/12/31)}←の記事が残っている。

更新: 2022-08-04T16:49:28+09:00
8/2/2022 (Tue.)

{異音は続いている - 夏場のノート冷却対策 (2022/04/13)}{第93期 ヒューリック杯棋聖戦 決勝トーナメント準決勝 渡辺明名人 vs 久保利明九段 (2022/04/14)}{パフォーマンスモニターと排気温 (2022/04/16)}←の続き。「Core Temp」CPUコアごとの温度をモニタリングできるCPU情報表示ツール - 窓の杜を導入してみた。

Core Temp
項目
CPUID:0x806E9
Processor:Intel Core i7 7500U (Kaby Lake-U)
Platform:Socket 1356 (FCBGA1356)
Revision:H0/J1
Lithography:14nm
TDP:15.0 W
Tj. Max:100℃

Core Tempログ

Core Tempログ

タイトルのリンクをクックすると、大きな画像が出る。

ログ・スタート時にはクーラーはONの状態になっている。


排気温度で見たのと同様に、大体、Core温度についても最低3〜5℃程度低減するクーラーの効果がある。ベースラインがクーラーのON-OFFで変動する。

更新: 2022-08-02T17:55:27+09:00
8/1/2022 (Mon.)

{07/31/2022: [日記] 図書館駆動型読書論 VIII 梁山泊の「原郷の森」}←暑い夜に月を跨いだ。それはともかく、潜読が顕読になり、「ほんほん」を媒介にして、さらに変転していく。

こうした傾向は、書物や本を相手にしていないところに悪習がはびこったのである。文章を相手にしているだけなのだ。著者や執筆者の「言わんとしていること」を質すばかりで、著者や執筆者と交歓できていない。悪しきテキスト主義である。これではハイパーテキスト感覚など、とうてい醸成できない。テキストを正確に解釈するのではなく、本の表紙やページに触ったり離れたり、入ったり出たりすることが大事なのである。

(ほんほん17 読相術/読相学 2019年4月26日(金))

「ほんほん」は直接の記事にはリンクが貼れない構造のページなので、本日記記事もGoogleのページリンクの仕様では検索結果から直接辿れないのと同様だが、自分で見つける必要がある。

本題に戻って、読相術を実践するためには、オブジェクトとしての書物が必要なわけで、本屋の立ち読みも乙なものだが、図書館で借り出すのがじっくり取り組めてベストかもしれない。実際、興味のあるすべての本を蔵書するわけにはいかない。3000冊の蔵書を基にさらに新しい展開を求めていく。

最近になって、「読相術」とか「読相学」というものを考えている。どうも読書法とか読書術とか読書論という言い方に限界や桎梏を感じてきたからだ。マラルメやブランショのころまでは、読書という言葉にはちゃんと「書物」というオブジェクトが黒光りしていた。書物はモノリスだった。それにとりくむのが読書という格闘でありファンタジーであり、陶酔であり反逆だった。けれどもいつのまにか、そういう見方がすっかりなくなった。

(同上)

漫画を借りることができるのも、漫画を自分で購入する可能性は極めて小さいので、読書の可能性を図書館が拡げてくれるといえる。フィクションを追い掛ける場合は、物語をどのように表現するのかに興味がある。「3月のライオン」「りゅうおうのおしごと!」「龍と苺」{図書館駆動型読書論 (Library-driven Reading) IV 伊奈めぐみ著「将棋の渡辺くん」(講談社、2015年から) (2022/06/15)}←それぞれ、将棋の世界の物語だが、特徴がある。内容の違いよりも表現の違いが興味深い。

今回、借り出した漫画三冊は「3月のライオン」{07/30/2022: [日記] 夏の夜の図書館駆動型読書論 VII うつ病九段}←の第3巻、「りゅうおうのおしごと!」の第5、6巻。後者の方は、素人目には「りゅうおうのおしごと!」の3、4巻の表紙絵などと比較して、随分質が上がっている感じがして、ストーリーも頭に入りやすいと思った。それは単に読む側の集中力の差、その時の気分によるものに過ぎないかもしれない。白鳥士郎原作、カズキ構成、こげたおこげ作画となっている。実は{07/14/2022: [将棋] 白鳥士郎氏の電竜戦観戦記}←の記事を書いた時に、もう少し読んでみようかと思いなおしたのだった。原作者、白鳥士郎 - Wikipediaに興味が出た。

更新: 2022-08-02T09:31:57+09:00
| 先月 | Monthly Index | Timeline | Mobile版 powered by iUI
2001年版 | INDEX | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2002年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2003年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2004年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2005年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2006年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2007年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2008年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2009年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2010年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2011年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2012年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2013年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2014年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2015年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2016年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2017年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2018年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2019年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2020年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2021年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2022年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

(C)jscripter