tsnetworkc3.png更新日記 - 日曜プログラマのひとりごと
更新日記インデックス | 更新日記URLインデックス | 更新日記画像インデックス
+ Subscribe to RSS1.0 | + Subscribe to Atom1.0

日記: Text World | 脳髄の日記 | 第四の日記 | jscripter's Twitter | Facebook | Myspace(記事抄録や関連メモ: コメントはこちらにどうぞ)

| 先月 | Monthly Index | Timeline | Mobile版 powered by iUI
3/19/2019 (Tue.)

大分前に、現地時間、3/25 10:00AMのスペシャルイベントがアナウンスされたのだが、ようやくApple TVの「Appleイベント」のアイコンが変化した。一週間前にアナウンスということかな。日本時間、3/16 2:00AMのライブの予告。どのようなことが予想されるか、【2019新製品発表】Apple イベント開催日 - ASOBiingに詳しい。

Appleイベント on Apple TV

Appleイベント on Apple TV

ビデオやニュースは間に合っていますという感じだし、デバイスも特に欲しいものがあるわけでもない。iPadでiOSの本格的なプログラミングができないかな。Swift Playgroundを最近使ってみたけど、おもちゃ的なものに過ぎないのではとがっかり。もっとも「コードを学ぼう1」のはじめのほう、「コマンド」の七つの課題が終わったところで停止状態。これでは続ける気がしない。Danbo-side #040:迫り来るプログラミング教育 学校でiPadをどう使っていくのか - backspace.fmを聴いて確かめたのだけど。これでプログラミング教育になるのかな。

High SierraのXcodeでiOSアプリの開発はできるのだろうか。Macのシステムはよく知らないけど。以前、iPhone Developerには登録して一通り使ってはみたのだけど、Androidに移行して、また戻ってきた・・・iOS アプリ開発 | スマホ・アプリの作り方入門が要領よくまとめている。


普通のテック系ニュースサイトの予想は、「ビデオとニュースの定期購読サービスが発表」とのことだが。例えば、Apple、3月25日にスペシャルイベント ビデオとニュースの新サービス発表? - ITmedia NEWS(2019年03月12日)。

今日のBGMは、ロッド・スチュワートの「A Night On the Town」。ロッドの中で一番好きなアルバム。Apple Musicで昨年の「Blood Red Roses」を聴くのをやめて、アーチストのすべてのアルバムから探す。ジャケットも印象的だ。落ち着くんだよね。

更新: 2019-03-19T23:47:31+09:00
3/17/2019 (Sun.)

さて、音楽ネタもまだあるのだが、少し哲学に戻ろう。トダヤマ哲学入門を読みつつ、何か物足りなさを感じたのはなぜだろうか。十夜一冊 第千五百五十夜 戸田山和久著「哲学入門」 (07/05/2018)で、一旦停止状態にしたのだが・・・04/28/2018: [哲学] Sum cerebrum.なども念頭に置いて・・・問題点を整理したい。

議論が軽い感じがして、こんなものが哲学なのだろうかと古臭いことを言う。哲学はカントやニーチェ、そしてフッサール、ハイデガーとかサルトルだろうと。残念ながら、それらの古い哲学についてよく理解しているとはいいがたいのだけど。それらを乗り越えたのが、現代の分析哲学なのか。その間というか並行してというか、フーコーやドゥルーズなどがあると思うけど、それらはどうなったのか。

ラッセルやヴィトゲンシュタインの後継と思われるクワインやクリプキの名前も見えない。そして、ゲーデルをどう捉えているのか。内包できているのか。論理が表面的で、根源的なものが見えない。哲学で科学をするなら、本当の意味における科学的方法を取らねばならないだろう。

十夜一冊 第千五百九十一夜 冨田恭彦著「科学哲学者柏木達彦の春麗ら・・・」 - 希望の哲学 (08/05/2018)において、サルトルを継ぐものとして、ローティを捉えたのが最新の状況。冨田恭彦先生は現在でもカントを追いかけられている。

最近、セイゴオ先生の多読術の方法で、トダヤマ「哲学入門」に戻って調べている。それも切っ掛けは、1698夜『心を自然化する』フレッド・ドレツキ|松岡正剛の千夜千冊。その時、考えたことは02/23/2019: [千夜千冊] 1698夜 フレッド・ドレツキ著『心を自然化する』にある。そのドレツキがトダヤマ哲学入門の第3章「情報」、第4章「表象」に頻繁に登場することに気付いた。

情報量の理論から情報内容の理論(情報の意味論)を作るという話が出てくる(166ページ)。実は、その上にエキヴォケーション(equivocation)という言葉が乗っている(168ページ)。なんだろうと思う。ゼロックス原理という言葉も出てくる(176ページ)。

まだ取り上げていない重要人物が幾人か、ジェリー・フォーダー - Wikipediaが95ページ、デヴィッド・パピノーが237ページ。ダニエル・デネット - Wikipediaが263ページ、ダーク・ペレブームが374ページ。

取りあえず、ポイントになりそうなところだけ、ピックアップ。掻き混ぜておく。これから、問題点は何か、考えよう。

更新: 2019-03-18T00:14:17+09:00

音楽の楽しみは、自由だが孤独なソロにではなく、むしろデュオにあるのかもしれない。小嶋先生が始められたアフタヌーン・デュオ・コンサート(二人でひとつに! Vol.3)も今年も大勢の参加者(19Duos!)があり、楽しかったが、今回(昨日)は魚住恵先生が初めてのシンフォニア岩国で、神尾さんとのデュオ。第一部が連弾、第二部が二台のピアノ。

パンフレットのデザインはフランス的で洗練されたものだった。パンフレットの曲目の解説は魚住先生の執筆。ラヴェルの先生がフォーレだったとか、今回初めて聴くことになったシャブリエやミヨーを含め、プーランクなど、フランス近現代音楽における歴史的な位置づけがよくわかった。

パンフのプログラムと曲目解説

パンフのプログラムと曲目解説

フォーレの「ドリー」、サティの「組み立てられた3つの小品」、プーランクの「4手のためのピアノ・ソナタ」、シャプリエの「3つのロマンティックワルツ」、ラヴェルの「ラ・ヴァルス」、ミヨーの「スカラムーシュ」とバラエティに富んだ選曲。


第一部の連弾の各曲については、演奏の前に口頭で丁寧に説明されたので、ペダルの話とか聴きどころが興味深かった。

曲目解説によると、ラヴェルのラ・ヴァルスは、作曲家自身の序文では「雲の切れ間から、光り輝く宮廷で旋回しながら踊る大勢の人々が少しずつ見えてくる情景」を描いたという。これは、帰宅してから読んで、あーそうなのかと思ったわけで、曲目解説は演奏の前に先によく読むべきだなと・・・それにしてもソロやオーケストラ版は何度も聴いているけど、そういう情景を描いているとは知らなかった。お陰様で大進歩。音楽も本と同様、様々な経験を積み、繰り返して付き合わなければ理解することは難しい。

例によって、Apple Musicを検索して、「ラ・ヴァルス」をウラディミール・アシュケナージがヴォフカ・アシュケナージと共演しているアルバムを聴いた。ウラディーミル・アシュケナージ & ヴォフカ・アシュケナージの「ドビュッシー&ラヴェル:2台ピアノのための作品集」をApple Musicで。なるほどと思った。次第に雲の隙間からワルツが姿を現わす。この曲の演奏は、5月18日、【Viva!Music!音の祭典】ウラディーミル&ヴォフカアシュケナージ ピアノ・デュオ|イベント詳細|シンフォニア岩国 山口県民文化ホールいわくにで聴けることを確認。次は生と録音の違いを聴けるだろう。音楽の愉しみが深まることは間違いない。

Duo Concerts

Duo Concerts


更新: 2019-03-17T17:49:58+09:00
3/16/2019 (Sat.)

3月13日は、アレクサがサンドイッチの日と教えてくれたが、Andrew Shitov氏は3月14日がπ(パイ、円周率)の日だと教えてくれた。FacebookのPerl6の公開グループから。なるほどなるほどと。

say π

say π

これ以上、簡単なスクリプト、あるいはプログラムが存在するかな。他のプログラミング言語と比較してという意味においてなのだが・・・


say π on code page 65001(UTF-8)

say π on code page 65001

ちょっと確かめ算。cp932のπでもutf8のπでも同じ結果が得られる!?

よく考えると、「π」は文字列ではなく、数値として取り扱われている。

数と文字列

数と文字列

Perlは文脈に基づいて動作する。自然言語に近い。「π」は文字列としても動作する。


SJIS(CP932)コードページの「π」の文字化け

SJIS(CP932)コードページの「π」の文字化け

半分納得。この問題を理解するためには、日本語Windowsがデフォルトのコードページ932で動作していることをまず知らねばならない。コマンドプロンプトやPower Shellは、chcp(change code page)コマンドで取り扱う文字コードを変更することができる。コードページ65001はUTF-8の文字コードを表示する。

Perl6の「π」については、Perl 6 Documentation: Unicode versus ASCII symbolsを見ておく必要がある。この中に「Other acceptable single codepoints」があり、Perl6で特別な意味を持つ文字がまとめられている。U+03C0に「π」(「pi」とも表記できる)が対応し、Unicode表を見ると、UCS表記である。この表によって、「π」は「JIS X 0208 の文字(黄緑の背景文字)」であることがわかった。ISO/IEC 10646 - Wikipedia(UCS)、JIS X 0208 - WikipediaShift_JIS - Wikipediaも参照しておこう。

Unicodeの表の読み方と制御コードもチェック。


Andrew Shitov氏のFOSDEM 2019 - Perl 6 as a new tool for language compilersは要注目なんだけど、まだ、じっくり見れていない。YouTubeで流し見程度。Perlコミュニティでかなり活発に活動している方。

更新: 2019-03-17T12:31:16+09:00
3/15/2019 (Fri.)

[ブログ]数学最大の謎 (2018/10/07)の続き。識別の危機 | taro-nishinoの日記 | スラド

翻訳された最初の部分と後少しを引用しよう。

識別の危機

2019年3月1日 ディヴィド・マイケル・ロバース

数論において重大な予想が解決されることは殆ど起きないし、初等用語で記述される予想の解決はなおさら起きない。非常に尊敬される数学者が解決したと主張する度に、数学世界は専門家達が議論を取調べるまで休止する。微妙な誤りが長い証明の中に隠れているかも知れない可能性はいつでもある。そんな事柄において、それが優雅に処理される時、永続する不名誉は存在しない。すべての数学者達は結果が正しいという確信を後の点検のもとで崩壊または動揺させることになる体験を持って来ている。そうは言っても専門家達は高度に訓練された直感を持ち、決まりきった手順から斬新なアィディアを、混在する記号から強力な技巧をすぐに認識し区分出来る。アンデュルゥ・ワイルズが最初の、最終的には欠陥を持つフェルマ最終定理の証明を見せた時、数論学者達はそれでも彼の研究が画期的だと自信を持って言えた。ポアンカレ予想に関するグリゴリ・ペレルマンの証明が詳しく調べられる前から、彼のアィディアが非常に斬新であることは明らかだった。

・・・(かなり省略)

望月はabc方程式に対する解を数えることによって証明を始めなかった。彼が興味を持っていたなら、分散コンピュータプログラムが彼のためにそれを出来ていたであろう。これらの検索は終わったに違いない。abc予想は実例のすべての列挙の範囲を超えている。望月はabc予想を楕円曲線のより広くより豊かなフレィムワークの中に置くことにより始めた。そこでは幾何学的ツールが利用出来た、もしくは展開可能だった。

数学とは何か、数学の証明とは何かを垣間見せてくれる記事。

3/14/2019 (Thu.)

最近は、なぜか月曜日の帰宅時は最大のお疲れモード、週が進行するにしたがって次第に元気になる。静かなピアノが流れる。Apple Musicの「Pure Piano」のプレイリスト、98曲、7時間6分。夜明けまで聴ける・・・

カティア・ブニアティシヴィリが弾くシューベルトのセレナーデからはじまる。

ショパン、メンデルスゾーン、フォーレ・・・、そして、キース・ジャレットと続いていく。クラシックとジャズ。「夜のメロディー、あなたと一緒に」(The Melody At Night, With You)の「Someone to Watch Over Me」。なんて訳すんだろう。「私の向こうに誰かを見ている」

3/13/2019 (Wed.)

池田清彦著「科学はどこまでいくのか」(ちくま文庫、2006年)。元は、ちくまプリマーブックス、1995年。2006年に「複雑化して加速する - 文庫版のためのやや長いあとがき」が増補されて刊行されている。

存在するのは原理的に主観しかない。客観があると思っているのは幻想にすぎない。そう言ったからと言って、事実上、現実は何も変わらないのだけど。近似的には客観は存在していると思われる。なにしろ客観という言葉が存在しているぐらいだから。

デカルトが主観と客観の分離図式を確立して以来、普遍とはもっぱら客観の側にあるものであった。この普遍は確かに、科学理論の中核となり、文化と伝統をものともしない強い伝染力を発揮し、西洋科学技術文明として世界を席巻してしまった。

主観に押し込まれてしまった、時間をはらむ「普遍」は普遍とみなされず、切れ切れの個別の中に分断されてしまっている。こういう「普遍」の復権をもう少し図るべきではないだろうか、と私は思う。仏教の悟りは、おそらくこの種の「普遍」に関係している。

(152ページ)

「あとがき」の最初に『以前、「構造主義科学論の冒険」(講談社学術文庫、1998年;原著: 毎日新聞社、1990年)という本を書いた。そこでは科学は真理ではなく、同一性を追求する試みであることを述べた。』とある。おそらく、この二冊の著書をじっくり読むのは意味がある。随分前にほぼ同時に購入して少しは齧ったはずだが、セイゴオ先生の多読術の奥義のお蔭で、お付き合いが再開した。

セイゴオ先生は、1700夜『華厳の思想』鎌田茂雄|松岡正剛の千夜千冊に到達。僕もOne book ten nights: 十夜一冊のページを更新してみると、325件の記事がリストされた。

更新: 2019-03-13T21:25:58+09:00
3/12/2019 (Tue.)

Prime Video、「私立探偵ストライク」(Strike (TV series) - Wikipedia)のお話。これもなかなかよい。シーズン1、エピソード7までで、三篇の物語。

ハリー・ポッターの作者が別名義で書いた犯罪小説に基づく。それに惹かれた見始めたのだが、Wikipediaによれば、4篇目も出るはず。イギリスものは、しぶくて、クールで、しかも人情にもあふれて、過激でなくていいよね。

もうすぐ、ゲーム・オブ・スローンズが戻ってくるはずだし、ホームズはシーズン7まであるし、時間がいくらあっても足りないかもしれない。

3/10/2019 (Sun.)

量子コンピュータエンジニア始めて5年が経った - Qiitaネタ。FacebookでGoogleの佐藤一憲氏の配信から知った。「Webデザインから始まり、広告最適化、金融工学、D-Wave、そして量子ゲート方式への話の展開がユニークかつずいぶんリアリティのあるディテールで高品質な増田ハードSFだなあと思ったら本当の話なのかこれ。」と。増田氏って日経コンピュータの方!?

ポエムはともかく、少し真剣に考えようと思い始めた。O'Reilly Japan - 機械学習のための特徴量エンジニアリング特徴量エンジニアリング | DataRobot 自動機械学習 Wikiあたりが出発点になりそうかな。「数値の予想因子の差または比率を取得したり、カテゴリの予測因子を出現頻度別にエンコードしたり、テキストから個々の単語を抽出して隣接する単語とペアにしたり、日付フィールドから曜日と日付を選択」のような作業は、Perlなどを使えば簡単だと思うけどね。オライリーの本はPythonを使うのだろうけど。ちょっと調べていこう。

Kaggleとは?機械学習初心者が知っておくべき3つの使い方あたりも。

結局、手持ちのAndreas C. Müller、Sarah Guido著「Pythonではじめる機械学習 - scikit-learnで学ぶ特徴量エンジニアリングと機械学習の基礎」(オライリー・ジャパン、2017年)を最初からまじめに読み始めた。

%matplotlib inline on Jupyter Notebook

%matplotlib inline on Jupyter Notebook

ようやくJupyter Notebook上でPython3のNotebookを動かした。%matplotlibという書き方は、普通のターミナルではエラーになる。

【Jupyter Notebook】効果的な使い方を知ろう[Python/機械学習] - Qiitaをまず読んでから始めるべきだろう。「Introduction to Machine Learning with Python」といっても、Jupyter NotebookやPythonの入門ではない。


一応、出発点には立ったかな。

ロッド・スチュアートの「Way Back Home」が流れている。さて、おやすみなさい。

更新: 2019-03-11T21:55:43+09:00
3/9/2019 (Sat.)

一人でもう一度見ている。最初のところが気になって。本のタイトル「老人と海」(The Old Man and the Sea)は映し出される。そして、「Bridge Diner EVERYDAY FOOD 24/7」という店も重要な舞台だ。主人公はいつも窓際のコーナーの壁を背にした指定席に座って本を読む。

結局、映画のおもしろい間は、探し物で忙しく見れなかった。残念。しかし、最後に「INVISIBLE MAN」が出てくるのに気が付いた。これは、ElissonのInvisible Man - Wikipediaのほうで、WellsのThe Invisible Man - Wikipediaではない。見えない人間 - Wikipediaを参照。

人間の集中力、注意深さはいかに損なわれやすいか。映画は映画館で見るのが一番かもしれない。

更新: 2019-03-10T09:55:31+09:00

何日か前、アレクサが「朝の支度」で「今日は啓蟄」と伝えてくれた。いつもは是愁さんのツイッターで知ることになるのだが・・・少しご無沙汰していると思ったら、リツイートしていた。大体は見れている。啓蟄は3月5日。啓蟄 - Wikipediaによれば、日本時間では3月6日。4日の朝霧の中に濡れたサクランボの花のほうが強く印象に残っていた。

夜が明けるのが早くなり、明るくなると、ツィーィー、ツィーィーと鳥が長く鳴く。鳥が夜明けを告げる。最近は夜明け前の新聞配達のバイクの音には気が付かない。iPadの目覚ましは、通常は午前6時35分だが、土曜日はウィークエンドサンシャイン - NHKに合わせている。

昨晩は、ネットワークCDプレイヤー、CD-NT670のディスプレイにFirmware Updateの表示。ググってアップデートの手順を探して、アップデート完了。ヤマハ | CD-NT670 最新ファームウェア(Ver.2.14) - サポート・お問い合わせ

MacBookのiTunesをAirPlayで聴くのがマイブーム。音が良い。音に深みがあって強さがある感じ。元々MacBook本体のスピーカーの音が良いことは知っている。Appleはさすがに音楽には気を配っている。iCloudのストレージ容量をとうとう50GBにアップグレードした。MacBookからのAirPlayは最後に使ったデバイスを優先して選択してくれる。Apple TVはどうしてもApple TVのオーディオ出力を優先する。そのたびに設定から切り替えが必要だ。MusicCast/CD-NT670のAirPlayをオーディオ出力として統一したい。

「The Tallest Man On Earth」(ザ・トーレスト・マン・オン・アース - Wikipedia)の「The Running Style of New York」が流れている。初めて聴いた。なかなか聴かせる。Apple Musicの「New Music Mix」。

昨晩は昔話も。聞いたことのない話がいろいろと出てくる。同じように思っていたことも。なるほど、なるほどと思うことも多かったが、過去は過去、過去を大切にするにしても、未来にどうつなげるのかということになる。

現実、状況、環境は変化する。進化論には断続平衡説というのがある。徐々に変化するのではなく、区切りで突発的に進化する。最初は小集団で起きるが、これが形態的に大規模な変化をもたらす。断続平衡説 - Wikipediaを読むと、確定的な理論でもない。しかしながら、進化に限らず、大きな変化は起きる。区切りは変曲点みたいなものなんだろう。スティーヴン・ジェイ・グールドの「ダーウィン以来」(早川書房、1995年)の解説で、渡辺政隆氏は次の言葉を引用されている。「私たちの人生はいずれも偶発事故と好機が奇妙に織り合わされたものであり、私たちはその中で最善を尽くすしかないのだと信じています」と。

3/7/2019 (Thu.)

日々が過ぎ行き、変化が起こる。何の変化か・・・良い変化かもしれない。backspace.fmで映画の話が出て、イコライザーを見ている。デンゼル・ワシントン - Wikipediaがかっこいいと。

話自体がかっこいい。主人公は本を読んでいる。最初は「老人と海」、もちろんヘミングウェー。次はセルバンテスの「ドン・キホーテ」。無論、タイトルや作者の名前は一つも出てこない。会話の中でどんな物語か簡単に説明する内容でわかる。「自分は自分以外のものにはなれない」「君はなりたいものになれる」主人公は読むべき100冊の本を91冊まで読んだところ。

ホームセンターが舞台だけど、backspace.fmはネタバレにはならないように話している。

最後の言葉、「なりたいものになれる。話を聞き納めね」「自分で紡げる」「ありがとう」。元の本を読む日常に戻る。

「イコライザー2」はもっとよいらしい。次は二人で見よう。「イコライザー」ももう一回見てもよいぐらい。

更新: 2019-03-09T08:34:15+09:00
3/5/2019 (Tue.)

Perl6に関して最近調べていて日本にも少しずつ有用な話題が出てきつつある。リンクだけだが、残しておこう。

具体的なニーズを思いつくことができるかどうか・・・

3/3/2019 (Sun.)

現代において、意味論の最先端はどこにあるのだろうかと、いろいろ調べてみるが、幅が広すぎて、よくわからないというのが正直なところだ。既存の意味論を超えたところで、存在を支えるという物理的な意味論のようなものを誰か構想していてもおかしくはないかもしれない。物理学自体の意味論に相当するものと言ってしまえば終わってしまうかもしれないが・・・

・・・一九五〇、六〇年代を通じて主要な問題設定を行い、論争状況をリードしてきたのがクワインであったとすれば、一九七〇年代以降にその役割を担っているのが他ならぬクリプキであり、とりわけ彼の主著『名指しと必然性』であると言わなければならない。様相論理学のモデル理論(可能世界意味論)を背景とした彼の立論は、個体や自然種への指示が記述的枠組から独立に可能であることを示して科学的実在論に強力な基盤を与え、そのことによってアリストテレスにまで遡る伝統的な「本質主義的形而上学」を現代哲学の中に復権せしめたことにおいて衝撃的なものであった。・・・

(ソール A. クリプキ著、八木沢敬、野家啓一訳『名指しと必然性』、産業図書、1985年、訳者あとがき、252ページ)

この引用部分を理解するためにどの程度の時間を要するのか定かでない・・・

to be continued...

更新: 2019-03-03T23:52:11+09:00

taro-nishino氏のスラド日記が投稿されるとメールが届くのだが、受信メールが例によって多すぎるので、埋もれてしまう。毎日Gmailを見に行かないと見逃す危険性がある。Gmailは情報収集用なので、大概はみているが、毎日必ず見るというわけではない。taro-nishinoのページ | スラドをブックマークしておくのもよいのだけど、通知があったときに見るのが効率が良い。

今日は、Gmailのフィルタを活かして、件名に「taro-nishino」を含むメールを振り分ける設定を作った。合わせて、Slashdot Japan時代のメールからも振り分けた。73通ある。このうち、一番古い日記は私は何故Perlを続けたのか | taro-nishinoの日記 | スラド(2011年01月24日)。実は、Perlつながり。Perl関連では、もっと古い日記もある。

最新の日記が、1966年フィールズ賞、2004年アーベル賞のマイケル・アティーヤ卿へのインタヴュー | taro-nishinoの日記 | スラド(2019年03月03日)というもの。8年間で73通だから、月に一件の投稿があるかないかだが、着実に投稿されている。その一件は、翻訳を含むもので、手間暇がかかっているだけでなく、最近は数学界の最先端の動向を知らせてくれている。

今日の投稿が話題にしている記事には、Sir Michael Atiyahはペンローズ先生の先生だという話も含まれていた。元の記事のPDFへのリンクも含まれているが、EMS - European Mathematical Society Publishing Houseに存在しているものだ。ヨーロッパは実に豊かな文化を持っている。このインタビューは9ページに及び、余裕を感じさせる。

最後の方で、ヘルマン・ワイルの言葉「私の生活のほとんどで、私の二つの目的は真実と美を探求することだったが、迷うときには私は常に美を選んだ」が取り上げられ、「人々はこれをおかしいと考えるようだが、なぜ、真実について心配するのか。実際、これを議論しよう、あなたも知っているように、真実はあなたが決して到達できない何かである、あなたがある瞬間に持っているものは真実の近似である-部分的な真実、それは幻想でさえある、しかし、美は本質的で、直接的な体験だ。あなたは美を見ればわかる。・・・」(EMS - European Mathematical Society Publishing House: Individual ArticlesのPDF原文からの拙訳)

最後に、「真実と美には非常に興味深い接続があると私は思う。ヘルマン・ワイルはそれに同意するだろう。人々はジョークだといったが、私は彼はそれを意味していたと確信している。」と。

3/2/2019 (Sat.)

AmazonのPrime Video、「エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY」、シーズン1、エピソード12。

とうとうMoriartyの名前が出た。Professor Moriarty - Wikipedia、日本語が良ければジェームズ・モリアーティ - Wikipediaを参照。

いよいよ、本物のシャーロック・ホームズの物語の雰囲気が高まってきた。一日一エピソードでしっかり楽しめる。MはMoriartyの頭文字。日本語版Wikipediaはネタバレを含んでいる可能性が高いので、読むのは要注意のこと。

内井惣七著「空間の謎・時間の謎 - 宇宙の始まりに迫る物理学と哲学」(中公新書、2006年)。この帯に「ライプニッツ恐るべし 物理学に隠されていた時空の哲学を解きほぐす」と書かれている。本と付き合うのが読書術。

ライプニッツ自身の説によれば、空間も時間も創造された事物に依存して生まれるはずなので、すべての事物を含む世界を創造すれば時空を別に作り出す必要はないのである。二〇世紀以後の宇宙論を少しでもかじった者にとっては、ライプニッツのこの問題提起は宇宙論の文脈で直ちに再解釈可能である。すなわち、「まず空間と時間があって、そこで宇宙が作られるのか、それとも宇宙が作られるとそれに付随して時空が生ずるのか」という問いに変換することができるのである。宇宙創成にまず時空が必要だとしたなら、時空の創成が別の問題として残ってしまう。このようにして、ライプニッツの問いは、神学抜きでも有意味な、射程の長い問いであることがわかる。

(24-25ページ)

この引用部分はニュートンの「空間は神の感覚器官か」という項になっていて、ニュートン批判としてライプニッツの説が提示されている。

ひも理論との関係で有名なモナドロジーについての説明は、76-81ページにある。最後が、帯にある「ライプニッツ恐るべし」でむすばれている。

to be continued...かもしれない。第1章は全体の解説になっていて「空間とは? 時間とは?」、第2章が「ライプニッツとニュートンは何を争ったか」で上述の引用部分を含んでいる。第3章「ニュートンのバケツから相対性理論まで」、第4章「マッハ流力学の行方」、第5章「宇宙と量子」で終わり。

参考のために、Philosophy of Science and other entertainments: Online Essaysを残しておこう。内井惣七先生はすごいね。この中の「量子重力と哲学」を読めば、「空間の謎・時間の謎」を含めたご著書の内容をある程度理解できるだろう。

ご自身の日本語の要約が、The Riddle of Space and Timeで読める。英語が入口になっているのでわかりにくいが、日本語の資料も多い。

更新: 2019-03-03T08:35:48+09:00

Dmitri Shostakovich / Francis Poulenc - Leonard Bernstein, The New York Philharmonic Orchestra, William Vacchiano, Andre Previn, Arthur Gold, Robert Fizdale - Shostakovich Piano Concerto No. 1 - Previn, Poulenc Concerto For Two Pianos - Gold & Fizdale (Vinyl, LP, Album) | DiscogsをApple Musicで見つけて聴いている。素晴らしい。

広響の「Music for Peace」で聴いたとき、曲が今一つに思えたので、チェック。いろいろなこと (02/26/2019)。二階席3列目では、もっと感動を与えるためには、少し音量が足りないのだろう。音量はオーディオの基本。ピアノ協奏曲を聴くなら、HBGホールでは一階との違いを試してみたい。次回はテスト。ただ、感覚というのはその時々でばらつきがある。一度良いと思っても、もう一度聴くとそれほどでもないということも多い。

レナード・バーンスタインのニューヨーク・フィルハーモニック管弦楽団の演奏は、William Vachiano氏がトランぺッター、ピアノがアンドレ・プレヴィン。元はLPだが、Apple MusicのものはRemastered。音も演奏も素晴らしいが、生とは違う。編集されているからだ。広響のコンサートではトランペットは金井晶子さん、ピアノが小曽根真さんだった。生で聴かないと本当の音楽はわからない面がある。音楽が生成する場所で聴くのは一味違う。二階席の良さは、オーケストラの演奏全体を見渡せること。編成の規模もよくわかる。

「Music for Peace」パンフ

「Music for Peace」パンフ

コンサートの最初の曲は、クリストフ・グラウプナー(Christoph Graupner - Wikipedia)のシンフォニア、へ長調。1683-1760年の作曲家で多作。最近、少しずつ演奏が広まっているらしい。プログラム・ノートによると、シンフォニアが100曲以上、カンタータが1400曲以上知られているそうだ。シンフォニアに関してはまだ録音が出ていない。300年前の作曲家が現代に蘇りつつある。


Apple TVのMusicで「ショスタコーヴィチ」のリストを開こうとしてもいつまでも歯車がクルクル回るだけで開かない。なんとかしてほしいね。結局、デスクトップのiTunesで検索してAirPlayで再生する。

話は変わるが、WindowsデスクトップのiTunesからAirPlay経由のApple TVで音声は再生できるがビデオの画像出力を再生できないと思うが、それで正しいだろうか。iPhoneからならビデオ再生も簡単。AirPlay を使えない場合やデバイスの画面をミラーリングできない場合 - Apple サポートを見る限りできると考えられるが。

MacBookのiTunesで試すと、問題なく再生できる。iTunesはMacに任せるか。久しぶりに火を入れるとしばらくiTunesはびょこんびょこんとジャンプしていた。アップデートしていたらしい。なんどもApple IDでログインする必要があった。今はテレビで次々とミュージック・ビデオが再生されている。レディー・ガガとBeyoncé。MacからならApple TVへのAirPlayビデオ出力のオーディオ出力のみを、Apple TVからCD-NT670経由のAirPlay出力に分離できる。ようやくiTunesの出力を自在にコントロールできる環境を作れた。

さて、もう一枚。Martha Argerich, Jorg Faerber / Dmitri Shostakovich, Joseph Haydn - Piano Concertos (CD, Album, Stereo) | Discogsを聴いている。マルタ・アルゲリッチのショスタコーヴィチだ。第二楽章は静かな中に、美しいピアノが響き渡る。トランペット独奏は、Guy Touvron - Wikipedia。第四楽章でトランペットは進軍ラッパのように、ピアノの軽快で軽業のような演奏を導く。Discogsのデータベースでは、英語の曲名は、「Concerto For Piano, Trumpet And String Orchestra Op. 35」となっている。イェルク・フェルバー - Wikipedia指揮、ハイルブロン・ヴュルテンベルク室内管弦楽団 - Wikipedia

更新: 2019-03-02T15:39:56+09:00
3/1/2019 (Fri.)

ずっと気になる人だった。残念。

ドナルド・キーン先生の著作

トナルド・キーン先生の著作

千夜千冊は「百代の過客」を取り上げている。501夜『百代の過客』ドナルド・キーン|松岡正剛の千夜千冊。キーン先生の著作を並べながら、書棚について考えている。これも課題。


「正岡子規」(新潮社、2012年)は子規記念博物館の売店で購入したもの。装丁が非常に美しい。

しばらく、キーン先生の本を読みながら、感慨に浸っていたい。

to be continued...

更新: 2019-03-02T09:21:44+09:00

月替わりにエラーがでる。新しい日記がないから。取りあえず作る。正確に言うと、古くなった今月の日記を先月の日記にリネームしてリンクを適切に書き換える。そして、新しく今月の日記を生成する。いつもエラーで月が替わったことに気付く。月が替わると自動的に新しい日記を生成するような仕組みを作るかな・・・

最近、ここ一年ぐらい、日記を書くのがいい加減になっているかもしれない。以前の日記を読むと、もっとじっくり丁寧に考えているように読めて、がっかりしてしまう。進歩がないなあと。よく考えてみると、日中、真剣に考えたり読んだりする量がかなり増えていることが影響しているのかもしれない。頭の使い方が変化している。帰宅するとお疲れ気味なのだ。

さて、あちらの冒険もどこに到達するのやら、もういい加減にしたほうがよいかもしれないのだが、これも性格というか、気性というか。始めると止まらなくなる。しかし、明らかに期待もしていなかったおもしろいところに到達してきたし、予想外の展開になった。もっと若い時ならよかったのにとも思うが、今だからこそできるのかもしれない。まだまだ勉強せよということになってきた。古くから知られている現象に現代物理学が光を当てるだけでなく、実用的な新しい現象が発見されている。

どこまで行けるか試してみるしかない・・・

更新: 2019-03-03T17:22:40+09:00
| 先月 | Monthly Index | Timeline | Mobile版 powered by iUI
2001年版 | INDEX | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2002年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2003年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2004年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2005年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2006年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2007年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2008年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2009年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2010年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2011年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2012年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2013年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2014年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2015年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2016年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2017年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2018年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2019年版 | INDEX | 1 | 2

(C)jscripter