tsnetworkc3.png更新日記 - 日曜プログラマのひとりごと
更新日記インデックス
+ Subscribe to RSS1.0 | + Subscribe to Atom1.0

日記: Text World | 脳髄の日記 | 第四の日記 | jscripter's Twitter | Facebook | Myspace(記事抄録や関連メモ: コメントはこちらにどうぞ)

| 先月 | Monthly Index | Timeline | Mobile版 powered by iUI
12/16/2018 (Sun.)

とうとう、PC(Dell4)が自動的な自己修復モードに入って抜け出せなくなって数日経つ。やはりPCもフラジャイル。昨年夏のコマンドラインからの修復をもう一度試さなくてはならないが、じっくりと思い出し、よく考えてからにしようと、昨年バックアップに導入したノートブックSOLUTION∞の整備を始めた。もう少しバックアップを丁寧にしておけばよかったと後悔しているが、ようやく、更新日記のパブリッシング環境をS∞のxamppやZedから動作するようにした。

PerlはjperlとStrawberry Perlを使う。Strawberryはライブラリがデフォルトで潤沢なので、ライブラリを整備しなくてもスクリプトをそのまま動かせる。環境変数やデータ・パスなどの整合性を確保。

カテゴリのデータベースの追加更新は随時行っているので、その部分がかなり不足している。カテゴリ付、Classificationの自動化についてはずいぶん昔から関心を持って調べているが、今のところ手動にしている。昔は、サイトの分類に応用しようと思ったのだが、その程度のことではまったくおもしろくもなんともないと、日記で記録することに移行していった。必要な情報はパターンマッチで後から抽出すれば済むことだからと。

それにしても、一応カテゴリで記事を分類している。カテゴリの表示内容とキーコードの対応をデータベース化したのが、category.txt、それを上位概念と下位概念に階層化したものがcategorized.txtで、各種インデックスを作成するときに読み込まれる。これを最新のものにする必要がある。

結局、更新日記インデックス 2017年版が今年の追加データを除いてカテゴリ・データと階層構造を保持しているので、ここから抽出した。昨日は久しぶりにいろいろとスクリプトを書いて楽しめた。

categorized.txtの持っている階層構造は恣意的なもので、要は自分で構造を考えているわけだが、明確なアルゴリズムがあるわけではない。このアルゴリズムを作れば、一種の人工知能になる。言葉の連環をデータとして持つ必要が出てきそうだ。一つ一つのカテゴリを表現する言葉、キーワードの属性から計算するということになるだろう。言葉の意味をオブジェクト化するという感じ。

更新: 2018-12-16T10:17:34+09:00
12/15/2018 (Sat.)

Sci-Fiだけど、奥が深い。人間の娯楽用に作られた人間そっくりの人造人間の世界。最初の設計者・建造者の一人、アーノルドは意識そのものを作れないかと考えていた。記憶と即興、利己心の三角形が意識の発現の基盤となる。二分心の理論の話も出た。二分心 - Wikipedia参照。アーノルドは死んだはずだが、人造人間に不思議なことがいろいろと起こる。もう一人の創設者がアンソニー・ホプキンス演ずるフォード博士。

シーズン1の途中。現実と虚構が入り混じった世界。人間とは何かが浮かび上がってくる。フォード博士は意識は存在しないと考えている。超おもしろい・・・

合わせて、1688夜『アンドロイド サイエンス』石黒浩|松岡正剛の千夜千冊あたりを読むとさらに思索が深まるような気がする。

石黒のロボットについての考え方はとてもおもしろい。示唆に富む。なんというのか、本格的というより、本来的である。機械っぽいのではなく、人間くさい。その基本には「人間を理解するためにロボットをつくる」(★01)と「ロボットは人間の心までを映し出す鏡である」(★02)というテーゼがある。これが石黒浩のロボット制作の動機であり、哲学だ。楽観的なようだが、当たっている。

★印は★16まで存在している。ちょっと研究してみるかな。

更新: 2018-12-15T23:36:39+09:00
12/14/2018 (Fri.)

この本の中にコンピュータが、村上春樹氏の場合はMacなのだけど、起動する待ち時間に、童話を読むのがよいという話がある。僕は「村上ラヂオ」のような短文、短いエッセイのようなものを読むのがよいと思った。

ほかの候補としては、須賀敦子著「塩一トンの読書」かな。最近読んだものとしては。ただ、こちらは「村上ラヂオ」のように気楽には読めない。プレッシャーを感じてしまう。ほとんど読んだこととのない本ばかりが登場するからだ。登場した本は読まなくては何か気が済まないような気がしてしまう。

人は「塩一トン」を一緒に舐め尽くすぐらい一緒にいないとお互いを本当に知ることはできない。読書も一緒で、それぐらい本と付き合わないと本が読めるようになったとは言えないという意味で使われているのだろう。

さて、十倍速で同じ著者を好きなだけ取り上げてもよいというルールで書き続けてきた十夜一冊。千夜千冊の夜をいつ追い抜くだろうか。少なくとも来年には実現するだろう。

「村上ラヂオ」と「塩一トンの読書」

「村上ラヂオ」と「塩一トンの読書」

二冊を同時に取り上げるのは初めて。


更新: 2018-12-15T17:56:07+09:00
12/11/2018 (Tue.)

#272:ブラウザエンジン三国志に激変 甲斐さんと初期メンバーまったりトーク - backspace.ねfmを聴いていて、清水さんと語るRISC-Vからみるコンピューターの未来についての難しい話 #633 - YouTubeを見なくちゃと・・・ネタ。

見ていると、家内があの人誰と聞く。「清水亮さん、昔の電脳空間カウボーイズの・・・」「あー、あの人ね。」と、簡単にわかっちゃった。わかるところが凄い・・・

それはともかく、何を聴きたかったかというと、マイクロソフトがUbuntuやbashをWindowsで動かそうとしているのは、Linuxに移行しようとしているのだという話。Linuxに移行しておけば、RISC-Vにすぐ移行できるというわけ。IntelやARMを使うより、メモリの利用効率が何倍も改善されるのだとか。

それほど簡単ではないような気もするけど、drikin氏がMicrosoft EdgeがChromiumに移行することと結び付けて理解されたことにはなるほどと思った。

コンピュータは人間の能力をエンハンスするために作られたのだけど、今や単にlazyに依存しているだけのものになっている。漢方型コンピューティング、東洋コンピューティングのようなものにしたいと。

RISC-Vって、ほとんど知らないけど、いつマシンが出るんだろう。Linuxマシンになるんだろうけど。Windowsが移行しようと思えば、アプリをやはり移植する必要があるはず。LinuxというよりはWEBに移行するのかもしれないね。WEBに移行すれば、OSは関係なくなる。

昨日、06 | December | 2018 | Perl 6 Advent Calendarを試すために久しぶりにWSLのUbuntuのシェルを起動した。うまく動いたね。しかし、Perl 6をアップデートする簡単な方法はないのかなあ・・・

更新: 2018-12-13T21:40:27+09:00
12/10/2018 (Mon.)

村上RADIO、第3回放送決定との報。村上RADIO - TOKYO FM 80.0MHz - 村上春樹。12/16(日) 19:00-19:55。

12/9(日)に「村上RADIOプレスペシャル」が「TOKYO FM」だけであったらしいのだが、「WIZ RADIO」で「村上RADIO第1回・第2回 Q&A未公開ディレクターズカット配信中」というので、iPhoneにアプリをインストールし、ユーザー登録してAirPlayで聴いている。期間限定っていつまでかな。12/16までだろうね。テーマは村上式クリスマスソングということ。

AirPlay でオーディオをストリーミングする方法 - Apple サポートを試して一応聴けたけど、ちょっと不安定、途中でPodcastが割り込んできたり。

「anan」の一年間の連載、「村上ラヂオ」(2001年)の「滋養のある音楽」に、引っ越しの翌日、映画館で音楽映画を見るのだが、古レコードを六千枚など何百個の荷物を運んだのでクタクタになっていて、夢を見ながら見たという話がある。もちろん、この数は2000年時点の古レコードの枚数であり、CDの数は入っていない。それぐらい音楽を聴いていれば、いくらでもネタがあるはず。

はて、村上TEXTの深みにもさらにはまりそうだ。

更新: 2018-12-10T23:26:55+09:00

これ以上は細くなれないといった感じの下弦の月を西の空に見た。帰宅して、部屋の温度を見ると16℃。Windows天気予報の外気温9℃。20℃設定でエアコン暖房オン。鈴木敏夫のジブリ汗まみれ - TOKYO FM 80.0 - 鈴木敏夫

岩波書店の若い編集者とのやりとりがおもしろかった。岩波現代文庫に堀田善衛「時間」(1955年、復刊: 2015年)を復刊させ、娘の堀田百合子さんに執筆依頼、『ただの文士 父、堀田善衞のこと』(2018年)が刊行された。「時間」は南京大虐殺という重いテーマにも関わらず、よく売れているらしい。

ジブリと堀田善衛のつながりは復刊記念特別WEBサイト 堀田善衞「時代と人間」に詳しい。

12/9/2018 (Sun.)

昼過ぎにクレドの駐車場に向かう。「珠玉の石橋財団コレクション」という副題のブリヂストン美術館展、ひろしま美術館開館40周年記念。

展示品リストとチケット、次のドービニー展パンフ

展示品リストとチケット、次のドービニー展パンフ

「印象派からピカソまで」というさらに説明がある。いつもは常設展があるドームの展示室で、ブリヂストン美術館展、常設展を奥の別館で。印象派はひろしま美術館も得意分野。親しみやすい。ピカソの多様な作品の世界・変転は特に強い印象を与えた。昔、一度見に行ったことがあったはずだが・・・


美術館の樹木はもう冬姿

もう冬姿

ここ数日寒い日が続いている。今日は居間のエアコンを稼働。


19世紀の中頃から20世紀の前半に至るほぼ一世紀に渡る絵画の世界。コロー、ミレー、ドービニー、クールベ、ブーダン、マネ、ドガ、モネ、ルノワール、シスレー、ピサロ、シニャック、アンリ・ルソー、ルドン、ロートレック、ゴッホ、セザンヌ、ゴーガン、ボナール、ドニ、ヴラマンク、デュフィ、ドンダン、マルケ、ルオー、マティス、ピカソ、ブラック。

自然がリアルから次第に印象になり、抽象化されていくプロセスを見ることができる。ピカソにおいてはそれがさらに様々な別の世界を生み出す。

更新: 2018-12-09T23:51:40+09:00
12/8/2018 (Sat.)

外気温が一日中10℃を切っていて、室温が18℃まで下がっている。座ホットマットは稼働中。少しだけ足が寒いがエアコンで暖房するほどではない。メディア (媒体) - Wikipediaの定義はこんなものだろうね。ほとんどはマスメディア。テレビ、ラジオ、CD/LP/MP3など/ストリーミング音楽、映画館/ビデオ、新聞・雑誌・本/デジタル新聞・電子書籍。

NHKオンデマンドのようにテレビ放送がデジタル化され、コンテンツになってインターネット配信されるという形態がある。これは有料で、見逃し見放題パックが972円/月。ラジオ番組がラジオ深夜便 - NHKの聴き逃しやPodcastで配信されるような場合もある。こちらは無料。ラジオをインターネット配信するradikoもある。地域以外の放送が聴けるプレミアは350円/月。

テレビにも独自の新しい番組をインターネット配信するAbemaTVのようなものが出てきた。番組表 | 【AbemaTV】国内最大の無料インターネットテレビ局。Abemaプレミアムは月額960円。テレビとは別に動画配信を課金ビジネス化したニコニコ動画に続けて。niconico(ニコニコ)。プレミアム会員は540円/月。

ニコニコ動画には悪いが、個人的には、AbemaTVが切り開いた無料将棋観戦の充実に期待している。しかし、そうは問屋は降ろさず、将棋プレミアム - 囲碁・将棋チャンネルPRESENTS「将棋プレミアムフェス in 名古屋2018」|囲碁・将棋チャンネルホームページのようなチャネルもある。これはケーブルTVで見れるはずだな。様々なチャネルを使い分けるしかない。

映画はNetflix、Amazon プライムビデオに代表される、独自番組も制作するインターネット配信サービスが登場している。YouTubeも同様なビジネスを始めている。映画と番組 - YouTubeはコンテンツ個別の課金。Hulu(フールー): 人気映画、ドラマ、アニメが見放題!【お試し無料】は日本テレビが加わり、テレビのオンデマンドなどのチャンネルと組み合わせるところが新しい。税抜き933円/月。

Netflix (ネットフリックス) 日本 - 大好きな映画やドラマを楽しもう!はベーシックは800円/月、スタンダードが1200円/月、プレミアムが1800円/月。

Podcastは番組を個人が作り出したタイプのものが主流だ。無料の場合、課金する場合、企業の支援を得る場合がある。企業が配信するものや支援するもの、放送の再利用は宣伝のためだったり、広告収入によっているのだろう。

YouTubeは動画配信するユーチューバーという言葉を生み出した。今ではYouTube Premieres - YouTube ヘルプのような仕組みも提供されている。

YouTube Japan 公式チャンネル - YouTubeは一種の放送局のようなものだし、YouTube Musicも登場している。最早、その情報量にただただ圧倒されるという感じ。

ストリーミング音楽は、Spotify、Apple Music、Amazon Music Unlimited(Prime Music)についで、YouTube Musicが参戦。

まだまだ、これからというか、戦国時代というか・・・

ユーザー個人から見れば、様々な可能性のある世界になってきたということ。競争は激しいともいえるのだろうが、マーケットはグローバル化して拡大しているということなのだろう。しかし、選択が難しい。今のところ、個人的にはMusicはApple Music、映画や連作ドラマはAmazon Prime Video、そして、ケーブルテレビの活用が課題ということになりそうだ。

更新: 2018-12-09T10:37:37+09:00

藤井聡太七段:解説者デビュー!! - The Fool On The Hillsideネタ。詳細は【藤井聡太七段】初解説ダイジェスト43(第4期叡王戦本戦1回戦・2018年12月1日) - YouTube。解説はおもしろそうなので、ぜひ見てみたいものだが・・・

現在、AMD Ryzen 7 1800Xを使っている。AMD Ryzen 7 1800xプロセッサー | AMD。Threadripperとは、AMD Ryzen Threadripperプロセッサー | AMDのこと。

ZEN 2の最新情報は、【後藤弘茂のWeekly海外ニュース】ZEN 2ベースの64コアCPU「Rome」はなぜCPUとI/Oを分離したのか - PC Watch

我が家のPCはまだ時折、マウスのカレットが固まって再起動したり、Bingの壁紙が出てこない場合がある。動いているときに通常のアプリの駆動で困ることはないけど。

直近のマイブーム、「The Lifestyle MUSEUM」。Tokyo Midtown presents The Lifestyle MUSEUM - TOKYO FM Podcasting。矢野顕子さん(vol.553)のインタビューから聴き始めた。「ふたりぼっちで行こう」から前川清さん、矢野顕子さんに会う。 - ほぼ日刊イトイ新聞、「矢野顕子×油井亀美也、宇宙と音楽の秘密とは? SWITCHインタビュー 達人達」の話題まで。ほぼ30分程度の番組なので、「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」と同じ感じで聴ける。こちらも最近のPodcastリソース不足から復活。鈴木敏夫のジブリ汗まみれ - TOKYO FM 80.0 - 鈴木敏夫

調べ始めると切りがないので止めておくが、東京図書館制覇!は資料的価値が高いので載せておこう。竹内庸子さん(vol.549)の回。ビブリオバトルの話も出てきた。

昨晩、図書館の新聞書評欄の最新本所蔵の話題が出たが、実際、書店側から考えると熱心になれないのが当たり前かも。図書館の遠慮・自粛がある可能性もある。図書館が便利になればなるほど、おそらく本は売れなくなる方向だろう。

矢野顕子の「ふたりぼっちで行こう」もまだApple Musicには入っていない。初回限定盤はCDに特典DVDや特典BOOK(全52ページ)が付いているから、ストリーミング音楽には付加価値で競争力があると思われるが、CDのみの通常盤は厳しくなるかもしれない。11月28日発売なので、いつストリーミングに入るのか、今後チェックしてみよう。忘れなければだけど。そうそう、先にリンクを書いた「ほぼ日」はおもしろい、推薦。Amazon Music - 矢野顕子&前川清のあなたとわたし - Amazon.co.jpの話題。

12/6/2018 (Thu.)

音楽雑誌エリス第25号が出た。音楽雑誌「エリス」 | 音楽は一生かけて楽しもう。いつもブラウザ上のbccks readerで読んでいたかもしれないが、今日はダウンロードしたepubをEdgeで読んだ。プログラムの選択肢として、Microsoft Edgeが出てきたからだけど。表示が美しく、なかなか便利で快適。「ピーター・バラカンの読むラジオ 第24回 スティーリー・ダンと並走した男 ギャリー・カッツ インタヴュー」がある。Matt Robin氏がスティーリー・ダンのプロデューサーとして有名なGary Katz氏にインタビューしたものをバラカン氏が翻訳している。ドナルド・フェイゲンのザ・ナイトフライのアルバム・ジャケットが懐かしい。

Matt Robin氏は「Wewantsounds」レーベルでマニアックな作品をアナログ盤で発売している。Wewantsounds - Smart Sounds and Playlists。このなかの矢野顕子の「ただいま。」は1981年のアルバムの再発、「The reissue includes original artwork by cult illustrator King Terry, a 2-page insert and OBI Strip (LP) plus a new introduction by renowned DJ and producer Joakim.」とある。「King Terry」は、名前から単に調べてもわかりにくいが、湯村輝彦氏のことだろう。「OBI」は「帯」のこと。そして、Joakim.tv - All you ever wanted to know about JoakimAkiko Yano - Tadaima. - LP Deluxe Edition with 2p insert and OBI strip | WEWANTSOUNDS。元のアルバムはApple Musicで聴ける。

Matt Robin氏については、Anton Spice with Matt Robin (We Want Sounds) - Worldwide FMで肉声が聞ける。

Barakan Beat on Microsoft Edge

Barakan Beat on Microsoft Edge

ピーター・バラカン氏が「相変わらずラジオ番組で紹介しきれないほど面白い音楽に毎日のように出会っています。」とメッセージを書かれているので、そういう時代なのかなと思った。Barakan BeatはInterFM897の土曜日の番組。InterFM897 : インターFM897 [ 89.7MHz TOKYO ]。聴いてみたいな。radio_and_tv - peter barakan dot netで見つけた。

Edgeのタブは上に引き上げると、ページの縮小イメージが表示されるのもおもしろい。ただ、家庭内LANに存在するFlashairサーバーが開けない。


The Lifestyle Museumは金曜日の東京FM、これはPodcastで聴けるね。ラッキー。いいものを見つけた。Tokyo Midtown presents The Lifestyle MUSEUM - TOKYO FM Podcasting

更新: 2018-12-08T09:31:02+09:00
12/4/2018 (Tue.)

プロフェッショナル 仕事の流儀 - 宇多田ヒカル スペシャル。先日、再放送か何か、深夜放送を録画していたのを見た。元の放送は見ていないような気がするが・・・

音楽制作の中で、最も時間を掛けるのが自宅で一人、曲を作る部分。地獄の蓋が開いたという感じになる。ナボコフの詩「青白い炎(PALE FIRE)」。追求する真実は他者の中にはない。自分の中にしかない。自分が作るしかない。音楽は自分の最後の真実。これを編曲・編成する。それをプレーヤーに伝えて、具体的に録音していく。納得のいくところまで脚本を作り上げる。音楽が脚本で、それに歌を付けて演じる。「Ghost」は3年も掛けて、録音当日も未完成のまま。プレーヤーに相談。曲は完成。それに歌を付ける。さらに二週間かけても歌は完成しない。さらに二週間。「夕凪」というタイトルに変わって、完成。

やはり、見たことがある。しかし、やはり地獄の蓋が開かないとモノは作れない・・・真実を探すこと、それが希望を持ち続けること。

「初恋」(2018年)は、まだ、ストリーミング音楽にはなっていない。

更新: 2018-12-04T22:54:43+09:00
12/3/2018 (Mon.)

[1802.07740v2] Machine Theory of Mindネタ。年末の今年の整理・まとめをしようと、今年になってからの記事を眺めていると、02/26/2018: [A.I.] Machine Theory of Mindが目についた。

リンクを辿ると、コーネル大学図書館のArXivの該当論文のページが開く。何かいつも見るページと違う。論文の書誌事項の下のほうに、Semantic Scholar - An academic search engine for scientific articlesを利用した、ReferencesとCitationsのリストが並んでいる。リストの各論文は、よく見かける論文データベースにリンク付けられている。

論文情報へのアクセスは、いよいよ便利になってきているのだが、読む方が追いつかない。

このタイトルを放っておくわけにもいかないし・・・

何しろ、「心の機械理論」という刺激的なタイトルだ。論文の最初の参照はDavid PremackとGuy Woodruffの「Does the chimpanzee have a theory of mind?」(Behavioral and brain sciences,1(4):515.526, 1978.)である。チンパンジーが「心の理論」を持っているかどうかを問うている。

更新: 2018-12-04T00:19:56+09:00
12/2/2018 (Sun.)

映画を見に行こうという話になって、最初はディズニーの「くるみ割り人形と秘密の王国」をと思っていたが、イオンシネマで上映されていないので、ジョニー・デップが出ているしと「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」を選択。これが、もう少し調べてみるべきだったと後悔することに。

到着すると、なぜかいつも賑わっているフロアががら空き。なにこれ、どうなっているんだろうと言いながら入場券を購入して、時間がだいぶあるので、エスカレータで本屋に降りようとすると4階の本屋がない。エスカレータから下を見ると本棚らしきものが覗いている。

3階には「BOOKOFF SUPER BAZAAR(ブックオフ スーパー バザール) 広島段原店」が開店したばかり。テレビで宣伝していたらしい。広島段原ショッピングセンター3階ワンフロア全体で古本だけでなく様々なもの、中古のテレビやオーディオ、スピーカー、楽器、自転車、おもちゃ、コートなどの衣類、バッグ、チャイルドシート等などが売られている。フリーSIMがあるなら、中古iPhoneを購入できそうだが。中古LPに加えてレコードプレーヤも売っている。世のニーズをしっかりと掴まえて抜かりがない。

BOOKOFF SUPER BAZAAR

BOOKOFF SUPER BAZAAR


僕は、CDコーナーで小曽根真を探すと、「Road to Chopin」が見つかる。すごいラッキー、750円也、お買い上げ。レジで僕の前の人は買い物かごに古本を一杯買っていたけど・・・お買い得と思ってついつい買ってしまう。

小曽根真 Road to Chopin

小曽根真 Road to Chopin


さて、なぜ後悔したか。黒い魔法使いの誕生はファンタスティック・ビーストシリーズの第二作で第一作が存在したことさえ知らなかったから。すべての登場人物は顔馴染でないし、物語の背景も知らない。ということで、帰宅して、評判などを調べて事情を理解すると、Amazon Primeで第一作「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」を視聴するはめに・・・今日まで100円でレンタルだ。順序は逆だが、なかなかおもしろい・・・第一作を見ることは必須だと思う。ファンタスティック・ビーストという意味がよくわかる。

結局、第二作の方は、ちょっとよくわからない、わかりにくい話だねというところで見終わったのだが・・・

ついついポップコーンとコーラを買ってしまう

ついついポップコーンとコーラを買ってしまう


見終わった後、もう一度、ブックオフで「村上春樹」作品を調べる。三冊、持っていない本が見つかったので、購入、108円×3=324円也。少なくとも古本に関しては、ブックオフは競争力がある。

村上春樹作品三冊

村上春樹作品三冊


まあ、そんなところで、魔法使いの旅に集中しよう。

今朝の室温20℃、外気温8℃。天気予報、晴れのち時々雨、最高気温17℃、最低気温8℃。複雑性とは何か - 永井俊哉ドットコムネタ。

もう少し踏み込んで複雑性を考えてみよう。プログラマにとっては、コルモゴロフ複雑性 - Wikipediaが興味深い。さらに追及するならアルゴリズム情報理論 - Wikipediaを読まねばならないだろう。

そして、アルゴリズム的ランダムな無限列 - Wikipediaに辿り着く。ランダムであるということはどういうことなのか、結構奥深い話につながることに気付く。ランダムということは複雑なのか、構造があると言えるのかと自問自答してしまう。構造とは何なのか。そう考えていくと、エントロピー - Wikipediaも見ていく必要がある。

全体の複雑性

全体の複雑性


部分の複雑性

部分の複雑性


部分の複雑性 2

部分の複雑性 2


構造については、構造 - WikipediaよりもStructure (disambiguation) - Wikipediaを参照する必要があり、Order - Wikipediaにつながっていく。

更新: 2018-12-02T13:27:38+09:00
12/1/2018 (Sat.)

今日はお葬式。昼前、車で出掛けた。旧道へ入り損ねて、だいぶ先に進んで逆から旧道に入って到着。時間は十分余裕を見ていたので、何の問題もない。遺影の少し若い顔から最近の面影が浮かび上がり、一瞬二重写しになる。献奏があったのはめずらしい。親友からの長い弔電もよかった。僕は昔よく走った懐かしい道を辿って帰宅した。

室温22℃。現在の外気温16℃。少し足元がスーっとしてきたが、たいしたことはない。暖かい日だった。

今朝のウイークエンド・サンシャインは最初にノラ・ジョーンズのWintertimeを掛けていた。今年の冬は寒い?暖冬の可能性も(2018年-2019年)によれば、暖冬予想。

さて、まだしばらく情報の混沌を潜り抜けるようにサーフィンする必要がある。なんとかなるかな。まず、世界を俯瞰する眼を持たないと始まらない。

瀬戸田の大学時代の友人に今朝電話して、届いたみかんのお礼を伝えた。来年以降なら時間の余裕ができるという。その頃、同窓会でもできればいいかな。ボブ・ディランの「All Really Want to Do」のハーモニカが流れている。

今年は様々な思索の深まりがあったような気がする。ブックカフェや哲学茶会の影響が大きい。独り相撲ではなかなか進まない。復習しつつ、年末にかけて、新たな展開を引き出せるのではと感じている。

更新: 2018-12-02T11:52:10+09:00

日記を書いて、読み直していると、自分が何を書きたかったのかが見えてきて、書き加えることが多くなった。このままでは何を言いたいのかがわからないと思うからだ。最初に書いたときから、明確に見えているわけではない。後から、自分が書きたかったことに気付いて、追加・補足していく。全体として考え方が構造化されていく。

ある意味、モノを書くということは次第に世界観を複雑化させていくことだ。ホーキング先生は時間の矢は三つあると言われた。熱力学(統計力学)的な時間の矢(エントロピーの増大)、心理学的な時間の矢、宇宙論的な時間の矢である。心理学的な時間の矢は結局、熱力学的な時間の矢として考えられる。エントロピーの増大は宇宙の進化の過程そのもの。ホーキング先生の無境界仮説や人間原理が絡んでくる話なのだが、詳細は、竹内薫著「ホーキング 虚時間の宇宙 宇宙の特異点をめぐって」(講談社、2005年)の「時間の矢」(197ページ)を参照のこと。言語というものも宇宙同様、無限であり、一種の宇宙として捉えることも可能だろう。

複雑さとエントロピーの関係については、丸山先生の複雑さについて(8) 複雑さとエントロピーに詳しい。エントロピーとは何か - 永井俊哉ドットコムには、エントロピーは複雑性の対数に比例すると書かれている。時間の経過とともに日記の複雑さは増しているはずと思っているが、エントロピーも増している。さて、どうだろう。日記はどう変貌していくのか・・・

一口に複雑性といっても、複雑性 - Wikipediaを読めば、さらに複雑になってくる。世界を捉えるのは難しい。それはむずかしくてもまったく構わない。考えるプロセスの方がおもしろいからだ。どこに辿り着くのかわからない旅。

更新: 2018-12-01T16:28:09+09:00
| 先月 | Monthly Index | Timeline | Mobile版 powered by iUI
2001年版 | INDEX | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2002年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2003年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2004年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2005年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2006年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2007年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2008年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2009年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2010年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2011年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2012年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2013年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2014年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2015年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2016年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2017年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2018年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11

(C)jscripter