tsnetworkc3.png更新日記 - 日曜プログラマのひとりごと
更新日記インデックス | 更新日記URLインデックス | 更新日記画像インデックス
+ Subscribe to RSS1.0 | + Subscribe to Atom1.0

日記: Text World | 脳髄の日記 | 第四の日記 | jscripter's Twitter | Facebook | Myspace(記事抄録や関連メモ: コメントはこちらにどうぞ)

| 先月 | Monthly Index | Timeline | Mobile版 powered by iUI
1/11/2018 (Thu.)

いや、なぜ見つけたのかよくわからなくなっているが、おそらくHinton先生を調べていて、昨日偶然見つけたのだと思う。「Transfer Learning」という見慣れない用語を見つけたからだし、2017年の新しい論文だからだ。Deep Learning Models for Unsupervised and Transfer Learning | TSpace Repository

著者、Nitish Srivastava氏のアドバイザーであるトロント大学のHinton先生は、2012年にDeep Learningを再点火した人の一人。ImageNet Classification with Deep Convolutional Neural Networks

Chomsky vs. Hinton | Machine Thoughtsのように捉えられている人でもある。この記事の著者はDavid A. McAllester - Wikipedia

ということで、一旦「Transfer Learning」に戻ると転移学習:機械学習の次のフロンティアへの招待 - Qiitaを眺めるとよさそう。今の流行りなんだと思う。ここらへんが深層学習を実用的に発展させるための最先端になっているのだろう。

深層学習による人工知能について考えるために必要な要素をすべて掴まえきれただろうか。人工知能に、脳科学は当然として、遺伝学、生物言語学、心理学、認知科学などが本格的に絡んで話題になっていたとは知らなかった。ここで絡まずしてどうしようかということだろう。

Google DeepMindが機械学習で先行しているのは言うまでもないことだが、[1711.08378] Building Machines that Learn and Think for Themselves: Commentary on Lake et al., Behavioral and Brain Sciences, 2017のような論文も出している。[1604.00289] Building Machines That Learn and Think Like Peopleに対するコメント。最先端を知るためには、ここらを調べてみるべきだろう。

「チョムスキー言語学講義 言語はいかにして進化したか」の特に第4章すなわち最終章、「意味の三角形」ならぬ「脳の三角形」は重要というか、これまでの著作にはない(と思うが)、文脈自由文法、多重文脈自由文法による言語の記述の限界についての明確な言及がある(170ページ)。

更新: 2018-01-14T21:21:37+09:00
1/10/2018 (Wed.)

この冬は、昨年の12月5日に雪が舞ったという初雪の日記が残っているが、今日の帰宅時にも暗い道のフロントガラスの前に雪が降り注いだ。外気温は3℃なのでまだ積もらないだろうけど、現在の天気予報は南区も弱い雪と告げている。窓の外を覗いた限りは何も降っていない。夜空には飛行機のライトが点滅している。

天気予報は晴れ所により曇りになった。外気温、2℃。観察通り。明日の朝は大丈夫そうだ。

1/9/2018 (Tue.)

アレクサに頼んだので、「ア・タイム・フォー・ラブ」が掛かっている。今日は終わり。一昨日は思わぬところでゲイリー・マーカスを思い出し、やはりピンカー先生もよく調べる必要があるねと思った。今、何を考えておられるのだろう。

W氏のLINEで紹介されたシオランも少し読んだ。正剛先生も何夜かで言及されている。どこかの夜で少し言及するかもしれない。

千夜千冊で「シオラン」を検索するとかなりの夜がヒットする。先のリストは最初のページの分だけ。

読まない本が溜まるばかりだが、過去の本を引っ張り出しては、これも取り上げたいなと思ったり、当面はこれを読んで楽しもうと思ったりで、なかなか先に進まない。

通勤時のRebuild.fm過去分の復習はほぼ完了。もう一度最先端に遡ろう。

日を跨ぎそうだ。寝ることにしよう。

更新: 2018-01-10T19:06:34+09:00
1/8/2018 (Mon.)

仕事始めは済ませたので、半分は仕事モードに入っている。しかし、とうとう今日で、正月気分から抜け出さないといけないかな。「チョムスキー言語学講義 言語はいかにして進化したか」で、いろいろな遺伝子の記号を見せられて、2014年9月17日:言語遺伝子FoxP2(米国アカデミー紀要オンライン版掲載論文) | AASJホームページの話題を思い出した。もっとも、論文(Humanized Foxp2 accelerates learning by enhancing transitions from declarative to procedural performance)のリファレンスを見ると、この話題にある言語遺伝子FoxP2は2002年ぐらいに注目されたはず。Gary Marcus氏が「The Birth of the Mind」を表したのが、2004年だからだ。この著作に関連して、FoxP2遺伝子を知った記憶がある。翌年、「心を生みだす遺伝子」(大隅典子訳、岩波書店、2005年)が出ている。僕が松丸本舗で和訳を購入したのは岩波現代文庫版(2010年)。昨晩、Gary Marcusを調べていて見つけたのが、今年のお正月(2 Jan 2018)にarXivに投稿された表題論文、[1801.00631] Deep Learning: A Critical Appraisal

Deep Learning: A Critical Appraisalなど

Deep Learning: A Critical Appraisalなど

批判的鑑定によれば、Deep Learningは10の懸念事項があるという。その中には、取り扱う情報が線形分離可能かどうかなどの問題も含まれているが、いずれにせよ、人間が思考するようには動作していないことは明白だということだろう。大量のデータから学ぶ必要がある。当然のことながら、ディープラーニングが汎用の人工知能となるためには他の技術に補完される必要がある。もちろん、GravesらのDNC(可微分ニューラル・コンピュータ)もそういった試みの候補の一つ。


今日、清水亮氏から本論文の解説が出てきた。深層学習の今のところの限界 何ができて 何ができないか - WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)。みんな情報の捕捉が早いね。1月4日に反応している人もいる。Deep Learning: A Critical Appraisal ・ Issue #581 ・ arXivTimes/arXivTimes。僕もarXivからのメールをキチンと見ていれば、もっと早く捕捉できていたはずだが。メールは1月3日の夕方に届いているから、1月4日に反応することは可能かな。

今回は、Small worldが助けてくれたわけだ。Gary Marcus氏はSteven Pinker先生の研究室の出身だし、Chomsky先生に近い考え方にある。上記の著書もチョムスキー先生が推薦している。近い世界に住んでいる。論文だけを見るよりは、もっと豊かな文脈の中で捉えている。

ディープラーニングなどの人工知能技術は脳科学と密接に関係しつつある生物言語学に近いところにあると言えるだろう。今後の展開が楽しみだ。

Gary Marcus's Deep Learning Critique Triggers Backlashの記事(Jan 7)も出ている。arXivへの投稿から72時間で反発を引き起こしたとのことだが。

Gary Marcus氏に関してはNYU's Gary Marcus is an artificial intelligence contrarian - Technical.ly Brooklynの記事(Apr. 10, 2017)がある。Can This Man Make AI More Human? - MIT Technology Reviewの記事(December 17, 2015)には、Marcus氏は「a 45-year-old professor of psychology at New York University and the founder of a new company called Geometric Intelligence」とある。先の昨年の記事では、その会社は一昨年Uberに買収されたが、Marcus氏は昨年Uberを去っている。Gary Marcus - Wikipediaによれば、今年2月で48歳になる。

Gary Marcus先生の主要な論考は、Gary Marcus -- home pageから入手できるだろう。

更新: 2018-01-09T22:41:49+09:00
1/7/2018 (Sun.)

恒例行事に昇格かな。昨年は、2016年の更新日記の分類別頻度集計 (01/04/2017)

  1. 日記: 99
  2. : 17
  3. 将棋: 16
  4. 哲学: 14
  5. Amazon: 13
  6. 言語: 12
  7. Apple: 12
  8. クラシック: 9
  9. アート: 7
  10. Perl 6: 7
  11. Google: 7
  12. 天候: 7
  13. Jazz: 6
  14. A.I.: 6
  15. 季節: 6
  16. Windows: 5
  17. 数学: 5
  18. 千夜千冊: 5
  19. 映画: 5
  20. 電子書籍: 4
  21. Music: 4
  22. 旅行: 4
  23. Wired: 4
  24. 村上春樹: 3
  25. 新聞: 3
  26. スマートフォン: 3
  27. Podcast: 3
  28. 文具: 3
  29. 拡張現実: 3
  30. SF: 3
  31. 更新履歴: 3
  32. ブログ: 2
  33. 政治: 2
  34. ロボット: 2
  35. デバイス: 2
  36. 小説: 2
  37. Andy Rubin: 2
  38. TV: 2
  39. Web Development: 2
  40. 読書: 2
  41. Car: 2
  42. Kindle: 2
  43. プログラミング言語: 2
  44. ニュース: 2
  45. Perl: 2
  46. ビジネス: 2
  47. デザイン: 2
  48. 社会: 2
  49. マイクロソフト: 1
  50. Media: 1
  51. 吉田秀和: 1
  52. CPU: 1
  53. Facebook: 1
  54. 養老孟司: 1
  55. ロック: 1
  56. 詩歌: 1
  57. 河合隼雄: 1
  58. PC: 1
  59. スポーツ: 1
  60. コミュニケーション: 1
  61. 経済: 1
  62. enchantMOON: 1
  63. イベント: 1
  64. 仕事スタイル: 1
  65. Rakudo: 1
  66. 小林秀雄: 1
  67. 文学: 1
  68. JavaScript: 1
  69. ソニー: 1
  70. 会社: 1
  71. 物理学: 1
  72. Internet of Things: 1
  73. Video: 1
  74. 雑誌: 1
  75. 量子コンピュータ: 1
  76. 人物: 1
  77. スマートホーム: 1
  78. 仮想現実: 1
  79. 作る: 1

ノーム・チョムスキー、ロバート・C・バーウィック著、渡会圭子訳「チョムスキー言語学講義 言語はいかにして進化したか」、ちくま学芸文庫、2017年。かなり読み進んだ。全体的に生物学、特に遺伝学の知識が重要になるので、かなり戸惑う。ソフィア・レクチャーズで知った「生物言語学」に生成文法を位置付けるという話が全面的に表れている(十夜一冊 第千百八十夜 ノーム・チョムスキー著「我々はどのような生き物なのか - ソフィア・レクチャーズ」 (01/04/2017))。最近、共著論文がある人類学のタッターソル先生の話も当然のことながら出てくる(十夜一冊 第千百八十.二夜 エッセイ: How Could Language Has Evolved? (01/07/2017))。全体構想が提示される。

なにがどこまでわかったのか、わかっていないのか。生物学・脳科学の観点から、もう少し深く読み込む必要がある。

最近の認知科学では人間の思考は線形だという認識が一般的らしい(第4章 脳の三角形、151ページ)。おそらく、これがカーツワイル氏の発言、「人間の脳は線形思考」につながっているのだろう(ディープラーニングがうまく学習できるもの (01/01/2018))。

人間の思考は階層構造を持っているというのが、生成文法「思考の言語」の根本にある(十夜一冊 第千百八十.一夜 思考の言語 (01/05/2017))。「思考の言語」理論が世の中に受け入れられるためには、まだ長い道のりが待ち受けているのかもしれない。

更新: 2018-01-08T10:38:37+09:00

O'Reilly Japan - 初めてのPerl 第7版ネタ。今朝、オライリー・ジャパンのニュースをFacebookで知った。久しぶりに日本でPerlに明るい話題。

Learning Perlの初版

Learning Perlの初版

原書(1993年)と和訳(1995年)。遠い昔になったが・・・Perl 5.0がリリースする直前、バージョン4、パッチレベル36でテストされている。


本書は、バージョン5.24対応となっている。現在の最新バージョンは、Steve Hay / perl-5.26.1 - search.cpan.org。5.24との違いは、perl5260delta - search.cpan.orgにある。Noticeの最初の部分は押さえておいた方がよいだろう。Programming Perl 4th edition(2012年)が、5.14ベースなので、「初めてのPerl 第7版」、日本語版、ほぼ最新ということで買いかな。

さて、Perl 6については、Learning Perl 6がまだ出ないし、Programming Perl 6もまだアナウンスがない。もっともPerl 6本は花盛りだが・・・Perl 6 Resourcesの「Books published or in work」を参照のこと。ただ、手に馴染む紙の本が欲しいんだよね。やはり・・・

1/5/2018 (Fri.)

チョムスキー先生の「Why Only Us : Language and Evolution」という言語学関連の著作が2016年に出たことは知っていたが、和訳(渡会圭子訳)が昨年の10月に出ていた。時折、チェックしないと知らないままということになりかねない。Google Scholar Citationsでは和訳はフォローできないだろう。これは躊躇なく元旦に注文、三日に届いた。

「チョムスキー言語学講義 言語はいかにして進化したか」

「チョムスキー言語学講義 言語はいかにして進化したか」

ちくま学芸文庫、2017年。原著は2016年のコピーライトになっているが、ハードカバーは2015年12月に出ている。chomsky.info : Books & Book Excerptsを参照。今日のところは購入記録だけ。


MIT NewsにCode of the humans | MIT Newsの記事がある。原書では、著者のファーストネームは、Robert C. Berwick氏になっている。バーウィック氏を調べた。Robert Berwick | MIT LIDSのページが詳しい。

このページに、関連研究として、Language From Birdsong | MIT LIDSへのリンクがあった。鳥の歌の言語を研究しておられる。これは岡ノ谷一夫先生とつながりがあるはずと続けて調べる。Birds and context-free grammars - quanttype.netに共著論文へのリンクがある。

2017年: 言語カテゴリーの記事辺りを含めて、もう一度、言語の問題について再認識する必要がある。バーウィック先生の最近の論文は、Robert Berwick - Publicationsを見るとよい。少なくとも、第1章「なぜ今なのか?」の最初の方はバーウィック先生の視点から書かれているように見える。

更新: 2018-01-07T11:44:43+09:00
1/4/2018 (Thu.)

昨晩、二回目の会食。お正月の行事もこれで終わり。外は寒かった。駅まで往きはバス、帰りは広電。バスの年末年始のWEBの時刻表は大体はあるのだが、全部はWEBにないので大変不便。わざわざバス停まで行って、年末年始の時刻表を確認しておいて出掛けた。バスはめずらしく時刻通りピッタリにやってきた。・・・手を振って見送った帰りは運よく電車の到着を示すディスプレイが点いたところだった。

年末の仕事メールに続きは新年にと返信したので、明日は約束を果たす必要がある。仕事始め。そして、また三連休。

僕も「認識の情熱に憑りつかれた」近代人の一人だろうが、それも養老先生の言われるように煮詰まりつつある。煮詰まらないような情報システムを作ろうとしているわけだが、なかなか難しい。情報には限りがない。個人は有限だ。世界すべてを認知するためには時間が足りない。他者の知識が重要になるのはそのためだが、今やGoogleが存在している。結局、問題に応じてググって調べるのが最も効率が良いかも・・・調べるための知識をどれくらい持っているかが、検索結果を左右する。それには様々な知識のレベルがある。

どのような情報が存在し得るのかを予想できないようでは、なにごとも調査は難しい。それは想像力・創造力の問題なのだ。知識があるということは記憶をある程度持っているということを意味する。記憶を活性化させるにはどうすればよいか、それが情報システムの要点なのだ。と、いろいろえらそうに言ってみる^^;)

それはともかく、グレアム・ハーマンの「オブジェクトへの道」という記事がある(112ページ)。その中の一部を短く引用しよう。

・・・とはいえ、この物自体を語る仕方にかんして、わたしたち論者のあいだには著しい対立があった。物自体は、カントとハイデッガーの哲学におけるように、直接的なアクセスが不可能なままなのか。あるいはそれは、アラン・バディウとその周辺の人々にとってのように、直接的な数学的洞察の対象となりうるのか。

こうした見解の多様性のゆえに、思弁的実在論の運動は早期に分裂し、ほとんど類似点をもたないおおくの分派に分かれていった。・・・

(112ページ)

この小論文の内容はかなり豊富である。大体の哲学の歴史をすべて含んでいる。理解するには、カンタン・メイヤスー、カント、ハイデガー、アラン・バディウ、フッサール、ライプニッツ、アリストテレス、ブレンターノ、ヘーゲル、エマニュエル・レヴィナス、ブルーノ・ラトゥール、トーマス・メッツェンガーロイ・バスカーマヌエル・デランダレヴィ・ブライアントについての知識が必要かもしれない(僕はボールド体で表示した名前はこの論文を読む前には知らなかった)。逆にこれらの哲学者について、ある程度の情報を得る機会になるかもしれない。そして、オブジェクト指向哲学について、ある程度理解することができるだろう。オブジェクト指向プログラミングではなくて^^;)。オブジェクト指向哲学なるものの観点から、哲学の歴史を概観できるかもしれない、最近の動向まで。ただ、カンタン・メイヤスー 有限性の後で 偶然性の必然性についての試論 - うるしのうつわ うたかたの日々の泡の読後感とおなじようなことを感じるのかもしれない。単に言い換えただけみたいな気もするし・・・取り扱っている題材や議論に現実的な意味があるのかどうかとか思ったり・・・本質的な話ではないなようななどと、軽く感じてしまう。

というのは、例えば、新しい情報システムとはいかにあるべきかというような問いに答えるに足る哲学を必要としているからだ。名前だけがオブジェクト指向哲学では足りない。アラン・バディウがおもしろそうなので、一昨日は調べていた。

さらに調べると、千葉雅也著「ラディカルな有限性 思弁的実在論の10年とその後」という論考(98ページ)を読むのが、グレアム・ハーマンなど、21世紀の新しい哲学者を理解するのに参考になる。

新しいものごとを理解するためにどの程度の作業が必要か、一つの実験になるだろう。思弁的実在論、Object-Oriented Ontology(オブジェクト指向存在論)に捕捉されたかも・・・後者は、正に情報科学の用語みたいになっている。実在論はrealismの訳らしい。

更新: 2018-01-04T20:27:21+09:00
1/3/2018 (Wed.)

昨晩はみんなで新年恒例の会食。出掛けにもタクシーも運よくつかまることができた。6人でワインが2本空になった程度なので、飲み過ぎではない。ただ、元旦から、ディープラーニングとカオスの関係が気になっていて、調べ続けている。朝早く送っていかないといけないので、早めに床に入ったものの、夜なかに目が覚めて、コンピュータの前で調べ始めた。いずれにせよ、今の時点では、おそらく完全な答えがないような問いではある。疲れて二度寝、送って行って三度寝ののち・・・

iTunesを起動して、For YouからChill Mixを掛ける。なぜか知らない曲ばかり、奏者も知らない。以前は、視聴履歴にある程度基づいているのではと思っていたが。「chill」の意味と使い方 | 英語 with Lukeによれば、「落ちついた」、「のんびりした」という意味、easy-goingという意味で使われていると考えられる。たしかに、のんびりした気分に浸れる。悪くない。

津田一郎著「心はすべて数学である」(文藝春秋、2015年)を読もうとしている。養老先生の「遺書。」(岩波新書、106ページ)で言及されていたので、新しい著書だと気づいて注文した。正月でも翌日届く。

「カオス的脳観」、「ダイナミックな脳 - カオス的解釈」と「心はすべて数学である」

「カオス的脳観」、「ダイナミックな脳 - カオス的解釈」と「心はすべて数学である」


Chill Mixが終わったので、次はSteve Tibbettsの選曲によるECMレーベルのプレイリストを掛けている。ECMというプレイリストはこれが第一弾。

元旦には、初日の出を黄金山で迎えた後、昼から比治山神社に初詣に出掛けた。その帰りにゆめタウンの紀伊國屋書店で、ついつい本を購入。正月らしい本が一冊あってもいいよねと、「現代思想 2018 Vol.46-1」、特集「現代思想の総展望2018」。インタビュー、養老孟司、「煮詰まった時代をひらく」と、なんと中沢新一「レンマ的算術の基礎」で購入を決めた。中沢先生も数学。

比治山神社への道すがら

比治山神社への道すがら

遠くに高層ビルが見える。ビッグフロント広島タワービルのはず。


「アタマとココロの正体」と「現代思想 2018 Vol.46-1」

「アタマとココロの正体」と「現代思想 2018 Vol.46-1」

[日記]「アタマとココロの正体」を読め (U) (2005/05/12)の記事を参照。「アタマとココロの正体」には津田一郎先生と養老先生の対談がある。


養老先生の「煮詰まった時代をひらく」に現れる書物をリストアップすると次のようになる。

もう一冊は、ミラン・クンデラ著「小説の技法」(岩波書店、2016年;原著: 1986年、改訂: 2011年)。この本の最初を引用しよう。決め手となった。

死の三年前の一九三五年、エトムント・フッサールはウィーンとプラハでヨーロッパ的人間性の危機に関する有名な講演をおこなった。彼にとって「ヨーロッパ的」という形容詞は、古代のギリシャ哲学とともに生まれ、地理的なヨーロッパを越えて、(たとえばアメリカに)広がった精神的同一性のことを指している。古代のギリシャ哲学こそが<歴史>において最初に、世界<総体としての世界>を解決すべき問題として把握し、しかじかの実際的欲求を満たすためではなく、「人間が認識の情熱にとりつかれた」がゆえに、世界に問いかけたというのである。

・・・彼はこの危機の根源が近代の黎明期に、ガリレイやデカルト、すなわち世界を技術・数学的探求のたんなる一対象に還元して、その地平から人生の具体的世界、彼の言葉では「生活世界 die Lebenswelt」を排除したヨーロッパ諸科学の一方的な性格にあると信じていた。

(ミラン・クンデラ著「小説の技法」、岩波書店、2016年、11-12ページ)

「小説の技法」、「ヨーロッパ諸学の危機と超越論的現象学」と「存在と時間」

「小説の技法」、「ヨーロッパ諸学の危機と超越論的現象学」と「存在と時間」

E.フッサール著、細谷恒夫・木田元訳「ヨーロッパ諸学の危機と超越論的現象学」(中公文庫、1995年;単行本: 中央公論社、1974年;講演、1935年;雑誌「フィロソフィア」発表、1936年;未完執筆、1937年)、マルチン・ハイデッガー著、細谷貞雄訳「存在と時間」上・下(ちくま学芸文庫、1994年;原著初版、1927年;原著第9版、1960年)。


「小説の技法」の最初の論考、第1部「評判の悪いセルバンテスの遺産」は、導入部の切れ味に見合った内容でそれなりの重みがある。フッサールの言う近代の「生活世界の排除」の傾向とハイデッガーの言う「存在忘却」から人間を守ることに小説の存在理由があるという立論で、なるほどそれなら小説の終焉になる必要もないと思わせる。

to be continued...

更新: 2018-01-04T21:09:38+09:00
1/1/2018 (Mon.)

《日経Robo》なぜディープラーニングがうまく学習できるのか - 日経テクノロジーオンライン。昨年末から取り上げている「AI最前線 Preferred Networks岡野原氏によるAI解説◆(日経Robotics連載)」の19回目、昨年の1月の記事。

「人類の未来 AI、経済、民主主義」

「人類の未来 AI、経済、民主主義」

ノーム・チョムスキー、レイ・カーツワイル、マーティン・ウルフ、ビャルケ・インゲルス、フリーマン・ダイソン、吉成真由美インタビュー・編、NHK出版新書、2017年。


昨年末の12/30/2017: [A.I.] 人間ってナンだ?超AI入門 特別編「今そこにある未来 ヒト×AI=∞」のもとになっている上記のインタビュー本を調べると、カーツワイル氏は、「人間の脳は線形思考」だと言われている。だから、ディープラーニングはうまく働くということになる。ここのところは一考の余地ありと思われる。

前述の記事の引用文献は次の二件である。

少し調べてみよう。なぜかというと、TALK -対話を通して-:カオスで探る生きものらしさ:津田一郎×中村桂子今週の本棚:中村桂子・評 『心はすべて数学である』=津田一郎・著 - 毎日新聞という話もあるからだ。津田一郎先生には「カオス的脳観 - 脳の新しいモデルをめざして」(1990年)という著作がある。津田一郎先生を知ったのは、107夜『カオス的脳観』津田一郎|松岡正剛の千夜千冊だったと思う。

調べてみると、養老先生の著作で知ったのが最初かもしれない。過去の記述を調べていると、いろいろなことを知ったが、それを深められていないことに気付く。今こそ、さらに調べる時なのかもしれない。

更新: 2018-01-02T09:56:17+09:00

恒例行事。

更新日記2001-2017年の年間ファイルサイズ・記事数・記事サイズ推移

更新日記2001-2017年ファイルサイズ・記事数・記事サイズ推移

今の日常では現状の記事数・記事サイズが限界かな。


今年こそは新しい仕組みを導入したい。

例年なら、大晦日を過ぎて新年になるまで起きているのだが、元旦の朝は晴れそうという予想に、「初日の出見に行こう」モードに入って、早々と寝てしまった。初めて、黄金山の初日の出を目指した。

初日の出に向けて、ウェアラブル・ビデオ録画から

初日の出に向けて、ウェアラブル・ビデオ録画から

6時54分。AUKEY AC-LC2のビデオ録画から切り出し。黄金山の頂上、海側の公園にて。


初日の出に向けて、黄金山からの眺望 I

初日の出に向けて、黄金山からの眺望 I

6時54分。まだ、暗く見えるがカメラの露出のせい。下界の灯りが見える。コンパクトデジカメ二台のうち一台は三脚にセットして、一台は機動的に撮影。アクション・カメラはジーンズのベルトにセットしたが、メモリが一杯になって初期の段階でストップ。準備不足。


なぜかモノトーン I

なぜかセピア色 I

6時58分。


なぜかモノトーン II

ナゼカセピア色 II

6時59分。


初日の出に向けて、黄金山からの眺望 II

初日の出に向けて、黄金山からの眺望 II

7時21分。広島の日の出は7時16分。晴れとは言っても、東には雲が多く心配。山頂にテレビ塔が見えるのが絵下山。


初日の出 I

初日の出 I

7時29分。いつもは、宇品波止場公園から見ているので、絵下山付近。それから考えていたよりもだいぶ北側から出た。少し遠めの写真だけど、絵下山はもっと南側にある。


初日の出 II

初日の出 II

7時31分。さて、帰り支度。


日本経済新聞2018年1月1日(月)第1面 溶けゆく境界 もう戻れない

日本経済新聞2018年1月1日(月)第1面 溶けゆく境界 もう戻れない

パンゲアの扉 つながる社会 (1) デジタルの翼、個を放つ、混迷の先 描けるか。スイスの都市ツークでは、ビットコイン(bitcoin)での納税を受け付ける。パンゲア大陸 - Wikipedia


to be continued...

更新: 2018-01-01T21:10:36+09:00
| 先月 | Monthly Index | Timeline | Mobile版 powered by iUI
2001年版 | INDEX | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2002年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2003年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2004年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2005年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2006年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2007年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2008年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2009年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2010年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2011年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2012年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2013年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2014年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2015年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2016年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2017年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2018年版 | INDEX

(C)jscripter