tsnetworkc3.png更新日記 - 日曜プログラマのひとりごと
更新日記インデックス
+ Subscribe to RSS1.0 | + Subscribe to Atom1.0

日記: Text World | 脳髄の日記 | 第四の日記 | jscripter's Twitter | Facebook | Myspace(記事抄録や関連メモ: コメントはこちらにどうぞ)

| 先月 | Monthly Index | Timeline | Mobile版 powered by iUI
11/18/2018 (Sun.)

さて、宮島・広島観光の来客を広島駅まで送って、日曜日の行事は終了。PCは今朝までの不調を忘れたように順調に動いている。計画というものは常に都合よく作り変えられていく。計画は単なる都合の良い未来だ。実行するためには実行が必要だ。

さて、やるべきことが多過ぎる。やりたいことが多過ぎるとも言う。しかし、やりたいことがやるべきことなのだ。

さて、そうは言っても少しずつよく考えてトライすべきこともある。計画の基礎を作らないと始まらない。

さて、少しよく考えつつ調べようか・・・

それはそうと、Windows 10 October 2018 Update再リリース、問題も増加 | スラド ITが出た。今はこの状態だ。これも、まだ、終わらない。

この一週間、先週の日曜日のアクションに付随して生じたことはすべて完了した。初めての経験だがやり遂げた、というのは少し大袈裟だけど。AndroidマシンはSIMがなくなって少しは身軽になった。一時は充電できなくなってMicroUSBのコネクタ部分が壊れたかと思っていたのだが、復活。USBコード側のMicroUSBとの相性があるみたい。USBコードにマークして専用化。Androidアプリの開発マシンとしてまだ使用できる。

High Sierra MacBookの運命や如何に・・・

更新: 2018-11-18T23:45:54+09:00

昨日もPC起動中、マウスの操作中にブルースクリーンが現れた。真っ当なブルースクリーンなので、表示されたQRコードからスマホで調べると、起動中のブルースクリーンはハードウェアの異常の可能性が高いという判定。マウスをBluetoothを使う無線マウスに交換。

今朝、起動すると途中でマウスのカレットが固まる。あれあれ、マウスの問題ではないかも・・・再起動、その後は順調、さて、ブルースクリーンが出現するかどうか・・・

11/16/2018 (Fri.)

Danbo-side #038:更新されたもの、されなかったもの マニアたちがApple製品&サービスを語る - backspace.fmネタ。Apple製品・サービス情報サイト全員集合ということらしい・・・

iPod touchの話から始まるところがおもしろい。iPhoneの前にiPodがあった。iPhoneと同時にiPod touchが出てきた。僕が最初に購入したApple製品はiPod mini(2005年)で、次にiPod touch第三世代(2009年)だった。僕自身は当時も今もモバイルで音楽を聴くことはあまりない。パームトップ・コンピュータとして見ていたわけで、今ならiPhoneだろう。ちょっと高すぎるけどね。プログラミングのプラットフォームになれば最高なんだが。

今のiPod touch第六世代(2015年)は現役で、iOS12が動作している。メインメモリは1GB。これで動くのか。あー、Metalが動くからね。M8モーションコプロセッサもある。そんなこんなで、最近の話題はともかく、なぜか、最後もiPod touchの話で終わる。意味深・・・iPhoneユーザーであれば、一般的にはiPod touchは不要かもしれないが・・・88g、4インチディスプレイと軽くて小さいのが魅力。安い。モバイルで音楽だけに集中したいなら、これ以外の選択肢はないかもしれない。AirPodsもつながる。AirPodsを購入 - Apple(日本)には、「システム条件 iOS 10以降を搭載したiPhone、iPad、iPod touchのモデル」とある。

Apple Musicは「5,000万曲の世界へ」とコマーシャルしている。Music - Apple(日本)。4,000万曲から25%増。本気になってコンテンツに注力している感じが伝わってきた。今のところ、SpotifyもAmazon Music Limitedも4000万曲以上という表現に留まっている。

ノラ・ジョーンズ、またも新曲をサプライズ配信!ホリデイ・ソング「Wintertime」 | ARBANは昨日の記事、Apple Musicですぐ聴けた。関連の最近の曲も。最初は曲名の検索で調べたが、シングルのリストの先頭に4曲が並んでいる。

Amazon MusicのWindowsアプリでもアルバムのリストの中にすぐ見つけることができた。AmazonのWEBサイトの「Norah Jones」の検索結果ではヒット数が多過ぎ、混沌としたものになるが、アプリでは整理整頓された結果が得られる。

ノラ・ジョーンズ - Wikipedia。Norah Jonesはアップルと縁が深い。2009年9月、音楽・映像イベントにスティーブ・ジョブズが呼んだし、iTunes Festival Londonにも出演したはず。そして、アップル社の追悼式にも出演。ジャズに分類されるが、フォーク的な雰囲気の歌で、大変いい感じなのは当然、デビュー・アルバム「Come away with me」が累計2300万枚、世界で売れた。Wikipediaによれば、ビリー・ホリデイやビル・エヴァンスの影響を受けているという。

Windows上のAmazon Musicは頻繁にアップデートして急追しているが、インターフェースが使いやすく充実しているApple Music/iTunesが先行している。品揃えに関して言えば、CD/LPまで含めれば、圧倒的にAmazonが優位なのだが。CD/LPの世界をどこまでストリーミング音楽に取り込めるかの戦いになっていくのかもしれない。小曽根真のショパンを早く取り込んでほしいのだが・・・

アプリ的には文脈情報をどこまで表現できるかも差別化の要素となる。CD/LPの物理的実体、パッケージは知覚や記憶を刺激するし、ライナーノーツもある。Amazon Musicには歌詞を表示するボタンが出てくる。ボタンをクリックすると歌詞の表示画面になる。歌詞が大きく表示されスクロールし、歌っている行が示される。これはシンガー・ソングライターのファンなら必須のポイントかも知れない。

調べてみると、歌詞の網羅性に関してはiTunesのほうが一日の長がありそうだ。ただし、字が小さくて見難い。楽曲演奏表示の右側のボタンをクリックして歌詞のタブを開く。網羅性を計っているサンプルは、先のNorah Jones記事の今年発表されたシングル4曲に過ぎない。Apple Music/iTunesではNorah Jonesの「Wintertime」、「A Song With No Name」、「It Was You」、「My Heart Is Full」の4曲いずれも歌詞が表示される。Amazon Musicは「It Was You」のみ。

iPhoneの売れ行きが鈍れば、iPod touchで少しでもカバーしようとするかも。長年更新していなかったMac miniやMacBook Airを秋のイベントで出したように。もちろん、コンテンツ重視戦略にも合致するだろう。

更新: 2018-11-18T18:10:51+09:00

はて、金曜日も終わろうとしている。昨日はPCは絶不調、見たことのない中途半端なブルースクリーン。強制終了から再起動を繰り返す。アイコンやタスクバー上以外の背景画面が真っ暗、Bingの壁紙が表示されていないのだ。Windows Updateが4つぐらい溜まっているのが問題らしい。品質更新プログラム、1809のアップデートが2つある。再起動を繰り返し、これらがようやくインストールできた。

それでも、まだ画面は真っ暗。Bingデスクトップを起動して、いろいろと触って、i〇印をクリックすると、壁紙の選択ができるようになっている。こういう時でないと調べようともしない。問題が起き、なんとか解消すると知識が増える。

今日はまたマウスが固まって再起動。その後は好調。今日は毎日の定義更新ファイルは自動的にアップデートできている。アップデートの更新履歴を見ると、絶不調時はその更新に失敗していた。正常に戻ったらしい。

更新: 2018-11-16T23:40:20+09:00
11/14/2018 (Wed.)

広島では初めてかな・・・

写真1

写真1

マツダZoomZoomスタジアム広島


写真2

写真2

2018日米野球


写真3

写真3

黒いタナ(2、セカンド)キク(4、ショート)


写真4

写真4

下手投げの腕が撓る。緊迫した場面。


写真5

写真5

めずらしく赤くない球場。赤いのは風船。目の前にはYANAGITA、9番のソフトバンク・ユニホームを着た人がいた。柳田は広島出身だからだろうけど。


昨晩、帰宅して、帰りは寒いからと車で出掛けたが、空いている駐車場がなかなか見つからない。球場の周辺をグルグル回って、もうあきらめて帰ろうかと話しながら、最後にTIMESの有料駐車場とスターバックスの複合店舗に一箇所空いているのを見つけた。スターバックスに駐車カードを持って入り、サンドイッチとラテを買って、歩いて球場に向かう。1時間分駐車料が無料になる。

この日、9回表逆転勝利、名古屋での二連戦も勝利して、侍ジャパン、5勝1敗のほぼ完全勝利。

更新: 2018-11-16T20:35:40+09:00
11/12/2018 (Mon.)

どんなかなと思って読み始めたけど、惹きこまれた。規則に従うだけでは新しいものは生み出せない。自律的には動けない。これは当たり前。

人間は新しい概念を生み、そのたびに自己像を更新し続ける。知能や生命をより深く理解するためには、いつまでも生まれ変わり続ける必要がある。

機械と生命の溝を埋めるジュースは、計算の概念と同じように、まだ誰も知らない数学から生まれるはずだとブルックスは考えている。彼にとって、ジュースを探すことは、新しい数学を探すことでもあるのだ。

(184ページ、新潮2018年12月号)

新しい数学ねえ・・・ブルックスとはロドニー・ブルックス - Wikipediaのこと。

新しい数学を探すというのは、どんな方法を用いればよいのだろう。

まあ、それはともかく、「ALIFE 2018」を調べてみるか。テーマが「Beyond AI」だったとか。ALIFE 2018 | The 2018 Conference on Artificial Life。689ページのProceedingsが読める。

言語で新しい概念を記述できたと実感するのはどういう場合だろう。毎日のように日記を書きながらそう思う。単なる焼き直しではないのかと。

人工生命(ロボット)は、散らかって想定外の溢れた(messy)、障害や不都合だらけ(noisy)の環境に身体ごと投げ込まれる。実世界をセンサーで知覚(情報処理)しつつ、アクチュエータで動く。世界のモデルは世界自体が保持している。人工生命(ロボット)はセンサーで世界を必要なだけ観察して学んで行動するわけだ。

日記を書く行為も、世界を必要なだけ(興味のある側面を)観察して、そこから興味本位に記述することだ。そんなことをするプログラムを書けるだろうか。

11/11/2018 (Sun.)

11月7日が立冬。是愁さんが夜の明けるのが遅いのをぼやいておられたが、僕も同じ。今日は、日曜日にも拘わらず、7時前には起き上がってしまった。

今朝の4時からの渡辺貞夫のNightly Yoursは、スリープモードにせずに、夜間そのまま起動しておいてタイマー録音させると問題なく音が入っていた。320kbpsの録音に成功、137MB。朝、それを聴いていた。

過去のエアチェックの録音をいくつか再生して確かめたが、128kbps/44.1kHzと320kbps/44.1kHzの再生された音の違いを比較して差を明確に聴きとることは難しい。しばらくクラシックを含めていろいろなソースを録音して比較してみるつもりだが・・・

村上RADIOの影響で、ジャズとクラシックにほぼ限っていた、山下達彦のサンデー・ソングブックを除いてだが、その習慣から離れて、今はセリーヌ・ディオンの「These are special times」のCDを聴いている。悪いはずがない。単に聴くだけではおもしろくないという気持ちがあるが、聴くことから始めるしかない。なにごとにも始まりがある。なぜ、セリーヌ・ディオンのCDをということになるのだが、クリスマス用にいろいろと買っている。クリスマスに実際には聴きはしないんだけど・・・何か欲しいよねって。

音楽メディアはCDからダウンロード・ミュージックになり、それを決定的なものにしたのはiPod/iTunesだった。楽曲やアルバムのデータベースがPCやモバイルデバイス上に作られていった。村上春樹氏は走るときに聴くために千曲ぐらい入ったiPodを7台ぐらい準備されているとか。

そして、Spotifyに代表される定額制のストリーミング音楽が最近登場した。iTunesのミュージックはApple Musicとなり、AmazonもPrime Music/Amazon Music Limitedのサービスを始めた。Googleは先日YouTube Musicを登場させた。Facebookは既に音楽を共有できる「Music Stories」を立ち上げている。まったく知らなかったが。Facebook上で音楽を共有・試聴できる「Music Stories」日本でもローンチ--AWA、dヒッツと連携 | TechCrunch Japanの記事の中には、LINE Musicの話も出てくる。

アナログ・レコードの復活もある。ソニー、29年ぶりにレコード生産復活。第1弾は大瀧詠一とビリージョエル - AV Watchは今年の1月の記事。現在、米国300億円、日本30億円の市場。日本ではまだ伸びる余地があるという判断だろう。

音楽とは違うが、米国では書店復活の報もある。芳林堂も破産、書店閉店が止まらない日本--書店復活の米国との違いとは? - (page 4) - CNET Japan

Amazonの電子書籍販売が生みだした「ロングテール」効果。電子的流通と物質的流通の両方を知り尽くしているのはAmazon(とApple)だろうけど、それを現実のものとして成り立たせているのは素晴らしい。

さて、書籍とCD・LPのような物理的実体が今後どのようになっていくのか。大変興味深い。人間の本質に経済的な問題がからみあっていくだろう。

更新: 2018-11-17T12:53:47+09:00

最近はPCが不調、Windows 10 Version 1803/1809用の最新の累積アップデートでBSODが発生する不具合が報告される | ソフトアンテナブログなどの現象が起きている。

僕の場合(Dellマシン)は、ブルースクリーンから自動的に再起動しないので、十分待ったうえで強制終了して、手動で起動。一応動いている。しかし時折、マウスのカレットが固まったりするので、やはり強制終了して手動で再起動。それでいまのところ、ほぼ問題なく動いてはいるが。マウスはマウス自身の問題かもしれない。

一歩一歩確認。ピクチャーだけは外付けHDDにバックアップ。バックアップの自動化が必要だね、やはりといいながら、適当・・・エアチェックのバックアップもいるな・・・しかし、視聴リソースは山ほどある。昨晩は、Apple TVのYouTubeでdrikinのライブ((1) ブラックマジックのBMPCC4Kがついに来た!GIGABYTE Aero15やセグウェイDrift W1など開封三昧ライブ - YouTube)を初めて視聴。ノーティフィケーションがデスクトップに出るからだが・・・Abema TVの将棋ライブと同様、時間は掛かる(4時間半)が、それなりにおもしろい。最近はテレビを見ることがほとんどなくなった。

11/10/2018 (Sat.)

音楽やmusicの語源は、音楽 - Wikipediaに譲るが、「音楽」は「音を楽しむ」と書く。「音の楽しみ」でもよいだろう。Wikipediaによれば既に紀元前239年に完成した書物、呂氏春秋 - Wikipediaに言葉として存在していたという。

言語の起源は「さえずり」だったという説もある。それはもしかすると音楽の起源にも通じているのではないかと思っている。先日のK先生のコンサートは、前から二列目、チェロやヴィオラの弦楽器からは3m、ピアノからは4〜5m程度しか離れていなかった。ほぼ直接音で奏者を間近に見ながら鑑賞する機会はそんなにないだろう。チェロやヴィオラの奏者が息を継ぐ音が聞こえるぐらいに近くなのだ。弦楽器の奏者も息を継ぐ。ライブ・コンサートは音楽の発生に立ち会うことができる場所だ。

K先生からいつも熱心に聴いてもらえると言っていただいたようだが、実際、身体全体を耳にして聴いている。聴こえるもの、見えるもの、あらゆるものを逃さないように、身振り手振りを含めて感得する・・・ライブは一回限り。オーディオのように繰り返し聞いて確認はできない。

最近は、棚から一掴みでCDを取り出すと、次から次へと聴いている。こちらはCDに纏わりついている過去の感触が蘇ってくる。CDの音はよいけど、CDケースやジャケット、ライナーノーツの古さが目立つ。ケースの埃を拭い、変色したジャケットやライナーノーツを取り出して風通しをする。モノとしてのCDやLPには過去が絡まっている。単なる複製ではない。記憶を呼び起こすモノなのだ。ストリーミング音楽が持ちにくい性質。

昨日、帰宅時、車内のFMから、J-POPの歴史のような番組をたまたま聴いていると、宇多田ヒカルのデビュー曲が流れた。Automatic、1998年。その斬新さは今も変わらない。宇多田ヒカル - Wikipediaにも出ているけど、今年、NHKに二回出演している。どちらかを見たのではと思う。音楽づくり、歌作りの創作の現場を見せてくれて、その能力の高さを納得していた。

今日、棚から一掴みの中に、「ADDICTED TO YOU UTADA HIKARU」(1999年)を見つけて、こんなのあったっけと・・・デビュー自体が20年前の話、その翌年の作品。一曲をMIXの仕方を変えたのと、インストゥルメンタルだけの組み合わせで計4トラック。

ADDICTED TO YOU UTADA HIKARU

ADDICTED TO YOU UTADA HIKARU

宇多田ヒカルの登場で日本の音楽シーンが変わってしまったということらしいのだが・・・


音楽シーンネタは久しぶりだったか。CDを聴く能力を取り戻したので、もう一度、いろいろと考えてみようか。

更新: 2018-11-11T10:47:06+09:00

いろいろと考えていると、doは本来英語のつもりなんだろうなあと思った。その記録。

Rakudo Perl 6 Compiler - Rakudo Compiler for Perl 6 Programming Languageのサイトを見ても、Rakudoというコンパイラ名の由来についての記載はないように思う。「楽土」がロゴに含まれているだけ。

楽(Raku)をdoする。道楽(do Raku)。

そうこうしているうちにOn Raku (Again) - lizmat's ramblingsが出た。なんらかの結論が出るだろう。

「楽」(raku: easy, comfort)という日本語は「楽しみ」(tanoshimi: pleasure, joy)という意味に通じる。

更新: 2018-11-10T13:32:26+09:00
11/7/2018 (Wed.)

On Raku - lizmat's ramblings。もめてるね。10/07/2018: [Perl 6] Language Name Aliasの続き。

Perl 5とPerl 6は、思想的には似ているのだが、言語的にはほとんど似ていない。別の言語だ。名前うんぬんしても仕方がないとは思っていたが・・・

Perl 6よりもRakudo Starで満足していたけどね。駱駝星(楽土星)。Larryは4文字が好きなんだ。それで、Rakuになったんだろう。Rakudoでは6文字、Cameliaは7文字、奥さんの名前、Gloriaも6文字で長すぎる。Perlは元のアイデアはPearl(practical extraction and report language)だったけど、4文字にするということで、Perlになった。

名前よりも、Perl 6で何ができるかだろう。それが価値を決める。

Perl 5は有用な言語だし、高速で動作する。僕は普通のテキスト処理にはJPerl 5を含めてPerl 5を使い続けるだろう。今は、Perl 6を使う意味を考え続けているが・・・さて・・・凄いことだと思う。Perl 6をどう使うかと考えることができるというのはね。余裕だね。Perl 5があるからだけど。Perlには本当の意味での選択肢がある。

今日は-- Creating a compiler with Perl 6 - Perl 6 Inside Outを眺めていた。さっき雨の音で目覚めた。

RakuはPerl 6であることは変わらない。Perl 6ってspecificationで、Raku以外でもそれを満たすものはPerl 6と言えるというのが基本的な考えだったはずだし、それは変わっていない。そう言う意味ではRakudoをRakuに短縮したということなんだと思うけど。Rakuのいるところ(do→土→land)がRakudoっていうわけだ。うまくできている。

いや、どうもそうではないのか。Very confusing... Perl 6は仕様だ。言語そのものではない。そういう意味では、Perl 5のような言語ではない。Perl 5はPerlである。Perl 6はPerlではない。Perl 6という仕様に基づいて作られた言語がRakudoである。その中にはRaku=Perl 6という仕様がある。Rakudoは変わらない。楽道になるというのは洒落だ。RakuがPerl 6のaliasとしてどれくらい使われるのかということになる。

いや、これもおかしいか。Rakudoはコンパイラだ。言語ではない。Raku=Perl 6が動く道(do=Road)を作るわけだ。Perl 6は仕様(文法)だが、言語そのものでもある。aliasでは何も変わらない。歴史的に見て、Perl 6を変えることはできないだろう。言葉遊びは楽しいけど。Rakuというaliasは、何も変わらないというLarryのメッセージではないのか。

両方の言語を使い分けていくというのが現実的だし、それこそが、TIMTOWTDI(Tim Toady)、Perlの精神だと思う。There's more than one way to do it - Wikipediaを思い起こしてほしい。

更新: 2018-11-10T03:02:29+09:00
11/6/2018 (Tue.)

先週土曜、カープが負けた日の16時半から、ひろしんビッグウェーブの「浅田真央サンクスツアー広島公演」を見に行った。印象的だったのは、男性スケーターがジャンプして着地する時の衝撃だった。S席はリンク内の周囲にフェルトのシートが敷かれて、その上にパイプ椅子が置かれているだけ。ドスッという音とともに着地の衝撃が微かに伝わってくる。本物のアイススケートがどんなものか一度は見てみたいと思っていたので、リンク内で見れるのはよかったが、氷の上、1時間半が限度だろう。お腹が冷えてしまった。

昨日は、あるところで演奏会、K先生の弟子、T嬢がショパンの幻想曲を弾いた。これを聴いて、ショパンの天才性を感じた。テンポや強弱の変化が大きなダイナミックな曲で、最初はゆっくりと始まる。T嬢は音の塊を静かにそっと置くような感じで弾き始めた。僕の記憶にはなぜか、薄緑色に長く水平に引き伸ばされた多角形のイメージが残っている。そして早くなり、また遅くなってポツンポツンと音が置かれる。ポツンポツンと置かれる音はピンク色の粒となって縦長の空間に浮かんでいる。このような連想のようなイメージを意識し始めたのは、時の回廊 - 魚住恵ピアノリサイタル (2018/03/25)以来、二度目。

音の塊が静かにそっと置かれる時に何か考え事をしているような感じがして、ピアノを弾くよりは哲学をしていると思った。そして、ポツンポツンと音が投げ出されると、これは俳句だなと思った。これは僕だけが感じたことだ。他の玄人衆はその演奏をテクニックが足りないたどたどしいものと言う。僕は聴きながら、この曲が従来にない新しいものだとショパンが考えながら作ったと感じていた。ただ、この演奏を誰も評価しないだろうなあとは感じていた。演奏の多面体が少しギクシャクして統一の取れた立体ではないような気もしたからだ。でもそれでもライブのもたらす感覚を好ましく思っていた。ギクシャクしているところが、どこにもない得難い音楽のように感じられたのだった。

その印象を確めるためにいろいろとショパンの幻想曲の演奏を聴いてみた。ダニエル・バレンボイム・プレイズ・ショパン〜ザ・ワルシャワ・リサイタルの最初に「幻想曲 ヘ短調 作品49」が置かれている。この演奏がゆったりとして、演奏会で得られた印象に近い。バレンボイムのピアノは精神性が深い。全体的な統一感もあるし、ピアノの一音一音の響きが素晴らしい。録音が凄くて、一つの音が繊細な線香花火のように空間に広がり、静かに消えていくのがわかる。おそらく、この部分がポツンポツンと音が置かれると感じたところだ。T嬢の音からは侘び・寂びを感じたわけだけど。

村上RADIOのカバーと換骨奪胎の概念が頭にある。クラシックは同じ楽譜を弾くのだが、それぞれのプレーヤーが独自の音楽を生み出す。これこそ、カバーだが、月並みの範囲ならコピーだろう。ギクシャクしたところは換骨奪胎の結果と言えるかもしれない。

村上春樹は村上RADIOへの、創作メモのようなものを作るのかというファンの質問に対して、「一切作らない。過去自分で書いたものも読み返すことはない。」という。小説を書くときは、深い井戸の底に降りて行って、ある意味極限的状態になる。そこから何かが引き出されてくる。創造とはそういう状態なのだ。そういう状態では、創作メモなんて理知的なものは無意味というわけだ。むしろ、忘れてしまうことが重要なのだ。一種の忘我状態と書くという行為の境目で新しい物語が紡ぎ出される。狂気と紙一重、危険な領域なのだ。

ウイントン・マルサリスはそういう深いところに降りてはいかない天才の一人と村上は評している。ただ、天才が際立っているので、現実の中で深いところと交錯する時があるという。

今日は、日本タイトルが「スターダスト」、原題は「Hot House Flowers」をCDで聴いた。

Hot House Flowers

Hot House Flowers

温室の花。面構えがいい。


更新: 2018-11-07T22:02:49+09:00
11/4/2018 (Sun.)

さて、室温24℃。村上RADIOを聴いて、大西順子やセロニアス・モンクを聴く羽目に陥っている。段ボールの箱の解体を手伝うように依頼が飛んでくる。一階の納戸に溜まっているダンボール箱を解体して積み重ねて二つの塊にまとめる。

後で、もう一つあったと思い出して、二階の大きなダンボールも解体してまとめる。遠慮して言わなかったと・・・

セロニアス・モンクの「monk's music」がまだ流れている。iTunesスタッフメモはついているのだが、クレジットの詳細はわからない。Thelonious Monk Septet - Monk's Music (Vinyl, US, 1958) | Discogsを参照。1957年録音、1958年発売。コルトレーンやアート・ブレイキーらが共演している。

「ポートレイト・イン・ジャズ」と「意味がなければスイングはない」

「ポートレイト・イン・ジャズ」と「意味がなければスイングはない」

村上本が集合している本棚を眺めていると、「ポートレイト・イン・ジャズ」を見つけた。「意味がなければスイングはない」はジャズだけの話題ではない。クラシックやロックの話題も同じぐらいの比率で取り上げられている。


もう一度、村上春樹の世界に音楽を通じて戻っていきそうだ。

スタン・ゲッツの初秋(アーリー・オータム)を聴いた。2017年のベスト・オブ・スタン・ゲッツ。この中に「スイングしなけりゃ意味ないね」という曲がある。この逆が「意味がなければスイングはない」。

Ben Sidranの「Dylan Different」を聴いている。

更新: 2018-11-04T21:26:51+09:00

話題は、10/30のApple Special Event October 2018。10/31/2018: [Apple] 新しいiPad Proを見たかの続きネタ。リアルタイムで。

Mac miniのところで、Hackintoshの話。i7 6700KでHackintosh(Sierra)作ったので、構成と手順を紹介します参照だが、夢の話という話。

聴いているうちに、どこかで紛れてしまった。また、どこかで・・・

いずれにせよ、デスクトップやモバイルのデバイスは増えすぎた。iPad ProはPCに置き換わるものとしてAppleはアピールするわけだが、PCを所有していないユーザーにのみアピールするものだ。それは百も承知の演技だろう。ペンに関して言えば、デザイナーやイラストレータ、画家が本当にどこまで使えるものなんだろうと思っている。紙などの画材と比較して。

Chromebookは安価な、もう一つのPCとして売り出したと思うのだが、Pixel Slateは高価なPCに近いものだ。コスト・パフォーマンスで見れば、結局、PCも何も変わらないという話であれば、わざわざ新しい環境に移行する必然性に乏しい。何ごとも簡単ではない。

更新: 2018-11-04T20:20:56+09:00
11/3/2018 (Sat.)

残念ながら、負けたね。最後の応援は凄まじかったが・・・選手も応援の皆さんもご苦労さん。

ソフトバンクの投手陣と強肩の捕手に歯が立たなかった。

日曜日の午後7時から午後7時55分まで。8月5日から始まった。FMエアチェックの音質が128kbpsだと気づいて、もっと高くできないかといろいろ調べていて、エアチェックの記録フォルダの中に見つけた。セットしたのを忘れていた。11回分の録音が残っている。

と思ったら、定時番組ではない。村上RADIO - TOKYO FM 80.0MHz - 村上春樹によれば、第二回は10月21日、最後の録音になっている。

USB RADIOのTimerの設定をチェックしているとRecording formatがプルダウンメニューになっている。メニューは、64、128、192、320kbps MP3の4種類。デフォルトの128kbpsで、1時間番組が50MB程度。320kbpsだと100MBをかなり超えるから、専用ハードディスクの準備がいるなあ。週10時間程度は録音しているから、1GB/週程度は使うことになる。おそらく、それで、128kbpsのままにしていたのだろう。

320kbpsの実際の音質を明朝の「渡辺貞夫 Nightly Yours」で確かめてみよう。

録音ファイルは130MBぐらいになっているが、音が入っていない。なぜかな。30秒ぐらい320kbpsで録音するとキチンと音が入るのに・・・14:00からの「山下達郎のサンデー・ソングブック」でもう一度試そう。

「村上RADIO」音楽関連著作と言えるか

「村上RADIO」音楽関連著作と言えるか

村上RADIOの初回のテーマは、走りながら聴く音楽、「RUN & SONGS」。1000-2000曲入ったiPodを7台ぐらいもっている。この中から数曲を選ぶ。アレサ・フランクリンの「マイ・ウェイ」など。アレサ・フランクリン - Wikipedia

第二回は棚から一掴みという感じらしい。手持ちのものから一抱え。他では聴けない音楽を聴いてもらうのが方針。個人的な趣味、テーマは特にないという。が、「秋の夜長は村上ソングズで」。


既存の音楽でも、それをバラバラにして再構築、脱構築できる人は限られているという。ソウルのアレサ・フランクリンから始まる。ジャズなら、チャーリー・パーカーとセロニアス・モンク。クラシックならグレン・グールド。エルビス・プレスリーの曲をカバーするショーン・コルビン。カバーを集めるのが趣味。カバーも換骨奪胎。

ジャズは大西順子、昔ながらの魂を持っているジャズ、村上氏自身、追っ掛けみたいなことをやっていたそうな。大西順子 (ミュージシャン) - Wikipedia。引退表明した場所で、一緒に出掛けた小澤さんが止めるなと言われたのだとか。現在も活動中。

一人っ子なので、本と音楽と猫で生きてきた。風通しのいい家で寒いので、猫と絡みあって寝ていた。猫が仲間を呼んできて、四匹ぐらいと一緒に。

ジャック・ニコルソンの歌が入っているサントラ盤。

ウディ・ハーマン楽団との初秋。スタン・ゲッツの言葉。「体の中のバネが、高みに飛び上がらせる。それが、僕に他のことを犠牲にさせてきた。」

また、いろいろな情報に搦めとられそうな感じ。まずい・・・

それはともかく、320kbpsのサンデー・ソングブックは問題なく録音できたので、128kbpsの録音と比較してみたけど、違いはありそうな気もするが判然としない感じもする。感覚というものは怪しい、危うい。320kbpsが悪くないことは確かだ・・・飲み過ぎの山下達彦の声の擦れをリアルに捉えていると思われるが、比較はない。

更新: 2018-11-04T16:20:01+09:00
11/1/2018 (Thu.)

カープは敵地三連敗だが、気を取り直して地元決戦へ。

昨晩、県病院前で電車を降りた時に、一緒に乗っていた外人、イケメンの金髪の白人と黒人の二人が先に降りたが、信号がプラットフォームと歩道の両側に二人を別けて、二人が声を掛け合っていた。車が通り過ぎるとすぐに白人のイケメンは横断歩道を渡って、大きな荷物を置くと待っていた黒人と一緒にしばらく親しげに話して歩いて行った。僕は信号が変わったのに気づかずモタモタLINEをチェックしている女子中学生が前に立っているのが邪魔で、少しイライラしながら待っていたが、結局横をすり抜けて横断歩道を渡った。しばらく歩いて、元のバス通りに入ると先の方を二人が歩いているのが見えた。欧米の外人はめずらしいなとぼんやり思ったが、どこかで見失った。ここらへんはカープの選手が住んでいるマンションがある。

昨日は昼、帰ってくるカープの選手を激励しようと、千人もの人が広島駅に押しかけて大混雑になったらしい。負けたのを家族みんなで泣いたとの話もある。ファンというものは素晴らしいものだね。地元広島で三連勝するチャンスが訪れた。連勝してタイになれば、初戦引き分けで八戦することになるが、最後の一戦は広島になるそうだ。

更新: 2018-11-03T10:23:58+09:00
| 先月 | Monthly Index | Timeline | Mobile版 powered by iUI
2001年版 | INDEX | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2002年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2003年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2004年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2005年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2006年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2007年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2008年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2009年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2010年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2011年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2012年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2013年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2014年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2015年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2016年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2017年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
2018年版 | INDEX | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10

(C)jscripter